katsunoya » 勝野の着物道

カテゴリー : 勝野の着物道

2017.03.20. 伝統工芸のこれから 西陣織

先日twitterで、ある西陣織の職人さんの小さなつぶやきが、なぜか大々的にリツイート・拡散されまくり、ニュース報道にまで出てしまうという現象がありました。このことで関係者の皆様は、有る事無い事、様々な物言いにも真摯にご対応され、大変だったかと思います。

この現象が起きたことで、良い悪いを含め、現在の日本の伝統工芸の一端で起きている、明らかな問題点がクローズアップされ、世間に知られることとなりました。

西陣織の賃金設定の問題、流通の問題、様々な条件が絡み合って起きている問題点で、今後改善してゆかねば西陣織の技術継承が難しくなっていく、というこの現状は事実なのです。

しかし、確かに事実のひとつではあるのですが、西陣織のすべてがそうではないことをお伝えしたいです。若手職人さんの正規雇用・育成を続けていらっしゃる企業もおありです。西陣織の海外進出を踏まえ、インテリアファブリックやファッションファブリックとしての開発を進化させていらっしゃる企業もおありです。小さな工房で、新しい西陣織のあり方を提案し、がんばっていらっしゃる職人さんもおられます。

着物好きが高じ着物業界の隅っこに関わる自分でも、西陣織のすべての企業・工房・職人さんの現状を知っているわけではありません。知らないことも、たくさんあります。

ただ、個人的な思いとしては、西陣織は無くなっては大変困ります!!!西陣織の技術を、後世まで残したいです!!!

西陣織だけではなく、型染友禅も、注染も、絞りも、江戸小紋も、着物業界以外のあらゆる伝統工芸の分野でも技術継承問題が各地であるのは事実です。

現状の問題点を洗い出し、関係者の皆様で協力し合いながら、少しずつでも技術継承していけるようにしたいですね。個人では微力ながら、着物関係のいろいろな事象に注視し、勉強に勤しみたいと思います。

西陣織がんばれ!という思いを込めて、柳の芽吹きのお写真を添えて。

 


勝野の着物デビュー 第一歩の記録

勝野の着物デビュー(11年前)への第一歩の記録。懐かしいから、再掲載。

http://www.lovethelife.org/li…/archives/2006/…/post_137.html

 

060508_tsujiya.jpg

最初の履物は浅草の辻屋本店。足のサイズに合わせて、鼻緒をぴったりに挿げてもらう。

最初の草履、大好きなこの草履を10年履き続け、先日お亡くなりに…。同じのを探しても見つからず、今度東京に行く時に、辻屋本店さんにご相談に行こうと思います。

 

060508_bunsendo.jpg

最初の扇子は、浅草の文扇堂。渋扇(柿渋が塗ってある)の女性用サイズがあるのはココだけ!さすが粋な浅草!(全国の老舗扇子屋で探してみても渋扇は男性用サイズしか扱ってない)

お店のウェブサイトはこちら → ●△■

 

 060512_myohgaya.jpg

最初の足袋は、浅草寺裏のめうがや。足を計測してもらい、0.3cm刻みの既製品(細型・中型・太型・他多種類の既製型がある/特注お誂えも可能)の中から綿キャラコのしっかりした足袋をいただく。アイロンいらない、足にぴったり、なのを最初に体験してしまうと、足袋屋の足袋しか履けない。女性サイズの紺足袋と黒足袋(足袋裏が黒じゃないとね)があるのもココだけ! 

お店のウェブサイトはこちら → ●△■

 

着物はじめ、最初の第一歩こそ、小物からでも本物の良いものをお勧めします。

 


勝野の着物道【夏の着物事始め】

160617−gionM

 

みなさん、毎日蒸し暑いですね。今年は5月中の夏日も例年より多いと感じています。6月梅雨の季節になり、そろそろ夏物(薄物と呼ばれる絽・紗・麻など)を登場させても良い季節となりました。

着物初心者の方は、この中途半端な季節に着物は何を着たらよいのか、わからないことだらけだろうと思います。着物歴10年の私でさえ、この季節は毎年悩みますもの。

 

6月1日から半衿、帯揚げは夏物(絽・紗・麻)を使用します。基本的に半襟など小物から夏物を先取りしていきます。

 

次に帯を透け感の少ない夏物に変えていきます。6月中は絽(帯芯が入っているので透けない)の名古屋帯や通年使用可能な半幅帯。6月中旬超えましたら麻(帯芯が入っているので透けない)の名古屋帯。7月に入りましたら、絽や麻に加えて、透け感のはっきりする紗(オーガンジーみたい)や羅(ざっくり編目)を着用します。

 

これだけ暑いので、6月に入りましたらお着物も夏物(絽・紗・麻)を着用されて良いと思います。上旬は透け感の少なめなものを、下旬は透け感の強いものへシフトするように。

涼しいかつ透け感が少ない着物=綿麻着物がこの季節には重宝しますね。雨でも汗かいても洗えるので安心。綿麻縮みですとアイロンがけも必要ないので、一枚あると夏のお召し物として万能かと思います。

 

盛夏(7・8月)は何と言っても涼しいのは麻100%か、絹紅梅か綿紅梅の着物です。スケスケですので長襦袢はしっかり着込まないといけませんが、浴衣以外で着物としてお召しになるには、涼しくて洗えて、猛暑の京都で6年過ごした経験から、一枚はお持ちになられることをお勧めします。

 

そんな透ける夏着物にチャレンジするためには、一般的な短い浴衣下ではなく、足首までしっかり長さのある長襦袢が必要になってきます。本当は夏着物、夏襦袢は透けるのでマイサイズでお仕立てすることがベストなのですが、着物初心者さんやお若い方は予算的に無理な場合も多いでしょう。

夏場は半襦袢+ステテコ(裾除け)も透け感少ない着物にはOKですが、透け感が強いと半襦袢のラインが見えたり、足が透けて見えて恥ずかしいことになるので、しっかり長さのあるオールインワンで着られる便利襦袢を一枚ご用意されるのがいいでしょう。

そこでリサイクル着物やアンティーク着物を着用する場合、浴衣を着物風に着用する場合にお勧めなのが、夏用の嘘つき便利襦袢です。最近は安価で化繊ものよりは涼しそうな天然素材生地の便利襦袢が出ているので、下記ご紹介しておきます。

 

■夏用/便利襦袢
*衣紋抜きが付いているものは、夏着物では透けて不細工なので、外して着用しましょう。

和装スリップ 絽半衿付き 単衣袖付き 高島縮みクレープ生地
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10014241/
一般的なサイズのお着物をお召しの場合はサイズが合えばよろしいかと思います。

和装スリップ 絽半衿付き 筒袖 高島縮みクレープ生地
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005856/
肌襦袢に夏の半衿がついたタイプ。リサイクル着物やアンティーク着物にはお袖のサイズを気にせずに着られるこちらをお勧め。

和装スリップ 絽刺繍半衿付き 筒袖 高島縮みクレープ生地
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10000262/
肌襦袢に夏の半衿がついたタイプ。リサイクル着物やアンティーク着物にはお袖のサイズを気にせずに着られるこちらをお勧め。半衿に刺繍が施されているので、可愛いのがお好きな方はこちらを。

 

■夏用/浴衣下
http://www.erisho.com/page/266

ゑり正さんオリジナルの麻100%の浴衣下。丈がきっちり足袋まであるので、透け感の強い浴衣の下にはめっちゃイイ!断然、涼しい!ゑり正さん以外には無いもの。お値段はするけれど、中途半端なものより、この一枚が絶対イイです。

夏場は襦袢の半襟があるか無いかで、ものすごく体感の暑さが違ってきます。綿紅梅+名古屋帯、綿絽+名古屋帯など、大人っぽく浴衣をワンランク上に着こなしたい時、半襟無しで行ける場面にはこの浴衣下が最適なのです。長さがしっかりあるので光に透けても足のラインが出ることもないですし、袖がないので涼しいし、洗濯しても2〜3時間で乾きます。カジュアルワンピースで行ける程度のレストラン、美術館などならこの着こなしでOKだと思います。

身長150cm前後のちびっこさんはS寸を。S寸は枚数がかなり少ないので、夏になる前にGETすべし!洗濯で1.5cmくらい縮みますが、大きな影響はなし。

麻は毛ばたちやすいので、お洗濯はもちろん洗濯ネット(ネットdeきれいパンツ用)を使用して洗いましょう。

 

浴衣じゃなく、夏着物デビューをお考えの方、透け感が強い綿紅梅、絹紅梅、本麻着物には必ず本麻100%長襦袢をご用意されることをおすすめします。麻襦袢を反物からお仕立てするには時間もかかりますので、今夏にご入用の方は下記のお仕立て上り品をどうぞ。

■夏用/本麻揚柳長襦袢
お仕立て上がり品 単衣袖付き 居敷当て付き

http://item.rakuten.co.jp/753ya/10001374/

仕上がりサイズが標準よりも大きめですので、ご着用前に1〜2回くらい洗濯して縮ませてからご着用されることをおすすめします。

 

■ステテコ
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005673/

夏場の汗取りにも、冬場の寒さ対策にも年中使っています。やっぱり木綿100%が気持ちいいです。洗い替えに2〜3枚あると便利。木綿が一番静電気が起きにくいので、私はこれしか使用しません。

 

そして夏着物、浴衣こそ体型がはっきり出てしまうので、暑いけれども和装ブラジャーと汗取りを兼ねた補正をきちんと入れられることをおすすめします。

■和装ブラジャー
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10001738/

最近までヨガブラやスポーツブラを使用していましたが、イマイチ自分の着姿が美しくないなと思っているところ、着付師さんからアドバイスをいただきました。着用してみると、胸元がしっかり安定しているので、着物や襦袢の襟元も浮きにくく、確かに胸元スッキリ綺麗に着付けられます。胸のほっそりさんもふくよかさんも、和装ブラジャーを着用される方が着崩れもしにくく、美しいラインが作られるのでおすすめです。お胸は押さえつける感じで納めますので、ワンサイズ小さめでもいいくらいです。私は洗い替え用に3枚買っています。お洗濯は繊細なレースですので、ネットに入れて。

 

■補正具 ウエスト+ヒップパッド
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005650/

木綿で汗かいても洗えるのが、めっちゃイイ!夏場に備えて洗い替え用にこちらも3枚買っています。冬場は1枚でも大丈夫。今まで薄いタオルを使って補正していましたが、これ1枚巻くだけでいいので着付けが楽チン。帯の後ろも跳ねあがらず、胴回りにヒモが食い込んでも痛くない。胴回りぐるりとポケットがあり、薄いタオルや手ぬぐいを追加して補正の加減も調整できますし、寒がりやさんはカイロを入れられます。(笑)

 

夏用の着付け小物はこちら。

■夏用/へちま帯板
ベルトあり http://www.erisho.com/product/6196
ベルトなし http://www.erisho.com/product/6197

半幅帯はベルトありを、名古屋帯にはベルトなしをお勧めします。両方使いたい場合はベルトありを。ゑり正さんは比較的在庫数が多い方ですが、毎年6月中には売り切れますので、ご入用の方は至急GETされることをお勧めします。

 

■夏用/へちま帯枕
http://www.erisho.com/product/6198

ゑり正さんは比較的在庫数が多い方ですが、毎年6月中には売り切れますので、ご入用の方は至急GETされることをお勧めします。

 

■夏用/半衿
白・麻絽 http://www.erisho.com/product/4412
カラー無地・麻絽 http://www.erisho.com/page/948

夏場の首回りが涼しく心地よいのは、断然麻100%の半衿です。汗を吸収してくれますし、便利襦袢につけたまま洗濯機で洗濯もOK。
カラー半衿は淡いお色目ですと、初心者さんでも違和感なく使用しやすいかと思います。

 

他の人とちょっぴり差をつけた大人でカッコイイ夏着物や浴衣を今年は習得しませんか?祇園祭デビュー、ビアガーデンデビュー、盆踊りデビュー。みなさま夏のお着物をたくさん楽しまれますように!!!

 


勝野の着物道【着物事始め】

「まだ自分用の着物を一枚も持っていないけれど、浴衣以外に自分でちゃんと着物を着てみたい!」「勝野さんみたいな帯結びがしてみたい。教えて〜!」と、最近たくさんのお声をいただきます。

私自身は着付師としてのお勉強をしているわけでもなく、ただただ着物が好きで、自分流に自分が着られる範囲で普段着に着ているだけなので、果たしてどこまできちんとお教えできるか自信はないのですが、着物初心者さんへのお手伝いはとても嬉しいことです。

初めての着物デビューに向けて、何から揃えていけばいいのか、ご質問を多々いただくので、勝野流【着物事始め】情報をまとめてみました。

お母様や身内の方からお着物や小物一式を譲っていただける方はいいのですが、身近に着物に詳しい人がいないと、誰に何を聞いいていいのか、どっから初めればいいのか、0からスタートする人にとっては大問題です。着物本を買って、それに載っている小物を揃えてみても、それが使いやすいものなのか、使いにくいものなのか、人によって感覚もまちまちです。現代的な着付けをするのに、使いやすい小物を揃えておくのは、早く着付けを習得するきかっけにもなると思います。便利グッズも使ってみて良し悪しで、結局昔ながらの定番小物が最も使いやすかったりすることも。新旧混ぜながら、ご自分が一番使いやすいスタイルを見つけていきましょう。

勝野流【着物事始め】は、あくまでも勝野自身が一番使いやすく、現状これらで日常着物を着ているという内容です。ささやかですが、着物初めてさんのデビューのお手伝いになりましたら幸いです。

katsuno-face01

 

まずは、勝野の着物道【着物事始め編】からスタート!

夏場に必要なものは5月以降に追記しますね。またコレを!っていう逸品については、別の機会にレポします。

 

【着付け小物】

■和装ブラジャー
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10001738/

最近までヨガブラやスポーツブラを使用していましたが、イマイチ自分の着姿が美しくないなと思っているところ、着付師さんからアドバイスをいただきました。着用してみると、胸元がしっかり安定しているので、着物や襦袢の襟元も浮きにくく、確かに胸元スッキリ綺麗に着付けられます。胸のほっそりさんもふくよかさんも、和装ブラジャーを着用される方が着崩れもしにくく、美しいラインが作られるのでおすすめです。お胸は押さえつける感じで納めますので、ワンサイズ小さめでもいいくらいです。私は洗い替え用に3枚買っています。お洗濯は繊細なレースですので、ネットに入れて。

 

■補正具 ウエスト+ヒップパッド
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005650/

木綿で汗かいても洗えるのが、めっちゃイイ!夏場に備えて洗い替え用にこちらも3枚買っています。冬場は1枚でも大丈夫。今まで薄いタオルを使って補正していましたが、これ1枚巻くだけでいいので着付けが楽チン。帯の後ろも跳ねあがらず、胴回りにヒモが食い込んでも痛くない。胴回りぐるりとポケットがあり、薄いタオルや手ぬぐいを追加して補正の加減も調整できますし、寒がりやさんはカイロを入れられます。(笑)

 

■便利襦袢(ポリ塩瀬半衿付き/レース筒袖)
http://item.rakuten.co.jp/asanoya/0609-311/

リサイクル着物、アンティーク着物、お下がり着物を着るには1枚〜2枚は持っていた方が良いですね。袖丈や裄を気にせず着物を着ることができます。長襦袢を1枚も持っていないという方は、これをとにかく1枚GETしてくださいね。

最近こちらの便利襦袢を購入してみたのですが、洗濯したらあ〜らら、身丈が5cmも縮みました!
サイズは身長より5cm長いサイズをおすすめします。身長150cm前後のちびっこさんなら<冬用/M-125>、身長155cm以上なら<冬用/M-130>を。着用前に一度洗濯(洗濯ネット/ネットdeきれいパンツ用を使用)をして、縮ませてから着用しましょう。縮んでちょうどくるぶしにかかるくらいの長さになります。

半襟は既製のままでもいいけれど、若干シワが出るので、この上からお好きな半襟を縫い付けるとベストです。

便利襦袢の下には、襟ぐりの大きいTシャツ(ババシャツ)+ステテコ(またはレギンス)にして、上に便利襦袢をそのまま着ちゃいます。着物用肌着は着ません。

 

■夏用/浴衣下
http://www.erisho.com/page/266

ゑり正さんオリジナルの麻100%の浴衣下。丈がきっちり足袋まであるので、透け感の強い浴衣の下にはめっちゃイイ!断然、涼しい!ゑり正さん以外には無いもの。お値段はするけれど、中途半端なものより、この一枚が絶対イイ。

夏場は襦袢の半襟があるか無いかで、ものすごく体感の暑さが違ってきます。綿紅梅+名古屋帯、綿絽+名古屋帯など、大人っぽく浴衣をワンランク上に着こなしたい時、半襟無しで行ける場面にはこの浴衣下が最適なのです。長さがしっかりあるので光に透けても足のラインが出ることもないですし、袖がないので涼しいし、洗濯しても2〜3時間で乾きます。カジュアルワンピースで行ける程度のレストラン、美術館などならこの着こなしでOKだと思います。

身長150cm前後のちびっこさんはS寸を。S寸は枚数がかなり少ないので、夏になる前にGETすべし!洗濯で1.5cmくらい縮みますが、大きな影響はなし。

麻は毛ばたちやすいので、お洗濯はもちろん洗濯ネット(ネットdeきれいパンツ用)を使用して洗いましょう。

 

■ステテコ
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005673/

夏場の汗取りにも、冬場の寒さ対策にも年中使っています。やっぱり木綿100%が気持ちいいです。洗い替えに2〜3枚あると便利。木綿が一番静電気が起きにくいので、私はこれしか使用しません。

 

■足袋 ゑびす足袋
http://www.ebisutabi.co.jp/

大阪で足袋を探すならココ!
森ノ宮と玉造から徒歩圏内にアンテナショップがあります。営業時間 10:00 ~ 18 : 00(定休日:土・日・祝)ですが、事前にお電話しておけば18時以降〜20時くらいまで、また土曜日でもオーナーさんのご都合が合えば開けてくださいますので、お勤めでお忙しい方は一度お電話でお問い合わせしてみてください。

既製足袋の足型だけで数十種類あります。アンテナショップで足を計測していただいて、ぴったりサイズを選んでいただくとベスト。 洗濯で縮むことを考えて0.5cm大き目を買うのもいいかと。足首太ければ、こはぜの位置調整もセミオーダーで可能。外反母趾さん、足指長さんはフルオーダーも3足から可能。

アイロンいらずで足先がシュッと美しく見え、履いてて気持ちがいい足袋は、なんてったって木綿100%キャラコ足袋。普段用に白足袋2〜3足、雨用に紺足袋か黒足袋を1足どうぞ。

 

■着物・浴衣用 洗濯ネット

ネットdeきれいパンツ用 使用方法は、リンク先をご参照ください。

木綿着物、浴衣(綿紅梅・綿絽・綿コーマ)、麻着物、麻長襦袢、正絹長襦袢まで、すべてこの洗濯ネットを使用します。着物畳みにしてネットに挟み、くるくる〜と巻いてネットに入れるだけ。このまま全自動洗濯機でもドラム式洗濯機でも標準コース(脱水も気にせず自動コースのままで脱水OK)で洗っています。洗剤は蛍光剤など入っていないナチュラルな成分でできている一般的な液体洗剤を使っています。正絹長襦袢だけはエマールなどおしゃれ着用洗剤で。

糊付けもこのネットに入れたまましています。洗濯終了後、洗濯槽に15cm〜20cmくらい水を貯めて、一般的な洗濯糊を水に溶かしてネットをひたひたに浸して1時間ほど放置。自動コースの脱水のみかけて終了。あとは着物ハンガーにかけて、しっかりシワを伸ばして干したらOK。変なシワがあまりつかずに洗濯できるので、木綿や麻もアイロンがとても楽チンです。

 

■クリップ3個
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10015132/
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10005252/
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10015503/

お好きなデザインのものを。

 

■コーリンベルト1本
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10016628/

一本はあったほうが良いです。無くても裏技をこっそりお教えします。

 

■腰紐3〜4本
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10013739/

モスリンが一番おすすめ。正絹でもOK。ゴムやマジックテープのはおすすめしません。

 

■伊達締め2本
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10000818/

正絹の博多献上伊達締めが一番!締まり具合の気持ち良さが違います。ゴムやマジックテープのはおすすめしません。

 

■帯板(ゴムあり・ゴムなしどっちでも)1枚
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10014848/

帯板はできれば巾49〜50cmのものを。

半幅帯には「くるピタ」 前結びに便利です。
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10000210/

 

■帯枕1個
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10011556/

できればロング巾25cmのものを。

 

■衿芯
http://item.rakuten.co.jp/kimono-kirakuya/20101226-ws27/

衿芯は柔らかく首に沿う、薄型透明タイプ、縁を縫製していないものをおすすめします。2枚を一緒に使いますので、3〜4組まとめて買っておきましょう。

 

■きものハンガー
http://item.rakuten.co.jp/753ya/10000206/

いろいろあるけど、これがおすすめ。

 

 

【おすすめの着物屋さん/リサイクル着物】

■くるり
http://kururi.net/

上質リサイクル着物と、現代的なデザインのオリジナル商品。
リサイクル着物ではかなりお世話になっています。大阪大丸に実店舗があるのも嬉しいですね。リサイクル着物は最近は全体的にちょっぴり高くなってきてるかな&明るい可愛いのが少なくなってきています。

オリジナル商品の帯揚げ、帯締めは、お手頃価格で綺麗色が揃っていますのでいくつか入手すると着こなしのバリエーションが増えますよ。

 

■大山キモノ ちぇらうなぼるた
http://www.oyamakimono.com/
http://ceraunavolta.jugem.jp/

東京時代からずっとお世話になっているリサイクル着物屋さんです。お値段もお手頃な上質リサイクル着物がメインです。
ブログで素敵な着物のお写真がアップされています。私はたまにブログ掲載商品を通販でいただいています。メールで問い合わせすると、細かいサイズ、シミなど状態について、詳細な情報を教えてくださいます。

勝野の師匠である、着物スタイリストの小林布未子先生、小林久美先生がお店にいらっしゃいますので、火曜日・水曜日にはコーディネートのご相談・着付け教室も可能です。

 

■きもの青木
http://www.kimono-aoki.jp/

上級者向けの上質リサイクル着物を扱っていらっしゃいます。少しお高いラインナップですが、上質着物がたくさんあり、とても勉強になるのでたまに覗いてみましょう。メルマガに登録しておくと最新情報が届きます。

オリジナル商品の帯揚げ、帯締めは、お手頃価格で奥ゆかしいニュアンスのあるお色が揃っています。小物だけでも銀座店でぜひ一度じっくりご相談なさってみましょう。

 

 

【おすすめの着物屋さん/現代着物】

■こころや
http://www.cocoroya.com/

大阪・粉浜の老舗呉服屋さん。老舗ですが若旦那さんがカジュアル着物にもお詳しく、お見立てにも信頼がおけ、着物初心者さんにも安心の呉服屋さんです。木綿着物、浴衣などお手頃に始められる素敵なお品も充実。百貨店や地方への出張イベントでも要注目です。

2016年2月5日(金)〜2月10日(水)はこころや創業130周年「赤札市」を開催!遠方からでも訪れてみる価値ありますよー。

 

■タイシルクハウス
http://www.rakuten.co.jp/thaisilk/

私が大好きなタイシルク半幅帯はこちらでいただいています。こちらの半幅帯は長さが4M以上あるので、アレンジ結びに重宝しています。タイシルクの半幅帯は、浴衣から小紋・紬まで、年中使用しています。(夏場は下着で汗対策はしっかりした上で使用)

長めの半幅帯のアレンジ結びも、夏になる前にお教えしますね。

 

さあ、着物デビューに向けてご準備してまいりましょう!

春までには着物デビュー!

(*アフェリエイトは一切やっていません。)