katsunoya » 伝統芸能

カテゴリー : 伝統芸能

2017.09.30. #playkimonoと落語「銀瓶・菊之丞 ふたり会」

着物でお出かけDay。

■ #playkimono 2017秋

春秋の恒例となってきた#playkimono 2017秋阪急うめだ本店へ。短時間の滞在で、着物関係者の方々へのご挨拶と着物パトロールをだだだ〜と。

モダンな現代着物を扱うメーカーや呉服店の着物ブース、履物や和装小物のブース、カフェ、お抹茶を体験できる茶室まで、いろいろな着物の楽しみを見つけることができるイベントです。

イベント会場は9F祝祭広場・アートステージ。会期は〜10月9日(月・祝)まで。日〜木曜日は20時まで、金・土曜日は21時まで開催されているので、ぜひお時間少しでもあれば阪急うめだへ行ってみてくださいね。(*最終日は18時まで。)

【いまのいろskala】ブースで、きくちいまさんがいらっしゃったので、ご挨拶。新作の綺麗色の紬、スーツのように着てみたいかっこいいお召、POPな可愛いらしい帯など、いろいろ楽しいデザインがありました。縞市松の名古屋帯、いいなぁ〜。

アートステージでは、藤工房/加藤女将さんが和裁の実演中!

同じくアートステージで、藤井絞さんの展示。絞りの名古屋帯、可愛いのがいっぱい!あああ、あれもこれも広げて拝見してみたい〜。

そして最大の目的は、いつも愛用しているガラスの帯留/東風杏さんのブースへ!まだ持っていない感じの帯留と、初めて黒(裏が赤)のハート型のバックル型帯留をいただきました!このハート型バックル型帯留、どんなコーディネートに登場させるか、新境地へ、めっちゃワクワクします。

そして、外せないのが、同じフロアで開催中の「白洲正子ときもの」展。この日は着物マダムで混雑していたので、平日の別の日に再訪したいと思います。(*着物の人は無料)

わずか1時間弱の滞在で、おいとま〜。

 

■ 銀瓶・菊之丞 ふたり会

阪急の後は、楽しみにしていた「銀瓶・菊之丞 ふたり会」@天満天神繁昌亭へ。

  トーク:銀瓶&菊之丞

  開口一番:桂団治郎

  一席目:古今亭菊之丞「らくだ」

     仲入り

  二席目:笑福亭銀瓶「百年目」

いや〜〜〜、すんばらしい落語会でした!!!菊之丞さんの「らくだ」も絶品。そして銀瓶さんの「百年目」は超絶良かった!!!銀瓶さん、ヤバいヤバい、やっぱりすごいわ!これからおかっけします!

 

おばんざい・ラーメン 門扇御池店

落語会の後は、大阪で夜遅めに入れるいいお店も知らないので、すぐ帰京。夜遅くといえば定番の門扇御池店で、軽く一杯。

 

この日の着物コーディネートはこちら → ●△■

2017年 初秋の落語会情報@大阪 – 02

【 落語会情報@大阪 】どちらも9月30日(土)の落語会です。

■ 九月席 島之内寄席「NHK新人落語大賞受賞者の会」

将来名人になろうという若手精鋭の集う落語会。2000円で4席とは破格!

出演:桂佐ん吉、桂よね吉、桂雀太、桂三若

日時:2017年9月30日(土)13:30開場・14:00開演

会場:大阪市立中央会館1階ホール

料金:前売り 一般2000円 学生1500円(自由席)/当日 一般2200円

チケット:上方落語協会《 メール予約:info@kamigatarakugo.jp 》

     天満天神繁昌亭窓口にて。

 

■ 銀の花瓶に菊之情 〜銀瓶・菊之丞 ふたり会〜

今、最も見ておきたい東西のおふたりが集う会なんて!!!大阪で菊之丞師匠の「らくだ」っすよ!これは絶対、見るっきゃないでしょ!

出演:笑福亭銀瓶、古今亭菊之丞

日時:2017年9月30日(土)17:30開場・18:00開演

会場:天満天神繁昌亭

料金:前売り 一般3000円 学生2500円(全席指定)/当日 一般3500円

チケット:チケットぴあ[ Pコード:597-700 ]

2017.09.01.【 第三回 中之島深夜寄席】終了!

【第三回 中之島深夜寄席】

Love the Life・勝野屋が企画をお手伝いしている【第三回 中之島深夜寄席】満員御礼、大盛況のうちに無事に終了いたしました!新学期の始まるお忙しい日に、お運びくださいましたお客様、誠にありがとうございました!!!

 

【演目】

第一部:佐ん吉「阿弥陀池」/ちょうば「千両みかん」

第二部:ちょうば「喜六の恋」/佐ん吉「佐々木裁」

 

演目もさることながら、まくらもキレキレでした!

回を追うごとに熱気が増している中之島深夜寄席。一部・二部どちらかだけでも聴けますので、落語を聴いたことないけれど一度聴いてみたいな〜と思っておられる方、ぜひぜひお越しくださいね。上方落語中堅どころ、力ある桂佐ん吉さんと桂ちょうばさんのふたり4席を2000円で聴けるのは、破格にお得です!!!

次回【第四回 中之島深夜寄席】10月20日(金)@中之島SPINNING にて開催!!!皆様、スケジュール帳にインプットよろしくお願いいたします!会社の同僚の方、お友達、お誘い合わせの上、ぜひお運びくださいませ!

 

■ カフェ&ダイニング「 NORTHSHORE 」

【第三回 中之島深夜寄席】の準備前、着物で工事現場@京都が終わり、思いの外早く大阪に到着。

準備設営の前に、カフェ&ダイニング「 NORTHSHORE 」@北浜で、こんなん食べてました。アサイーボウル!!!見た目華やか、美味しそう!!!

ほんまはサンドイッチとパンケーキが食べたかったけど、ボリューム凄過ぎて断念。ここは大食いの人と二人以上で来ないと無理ね。ノースショア、ボリューム減らす方が良くない?若いお洒落女子が2/3食べ残して去っていったよ…(テイクアウトしたらいいのに)60オーバーのお姉さま方、『インスタ映えする〜〜〜』って、撮影した後、サンドイッチ盛り盛り食べてはる。美しい中之島、平和だ。

インテリアもなかなか素敵だし、スタッフのサービスも気持ち良いし、テラス席が広くて、とても良いお店です。

NORTHSHORE 祇園歌舞練場店ができているみたいなので、近日こっちにも行ってみたいと思います!(草間彌生展覧会に合わせて、間に合わせの適当なカフェが適当なメニュー出してるんだろうと思ってました…)

 

■ フレンチビストロBAR「 Lilou (リル)」

【第三回 中之島深夜寄席】を終えて、24時前に帰京。真夜中にまともな食事ができるお店を探し、フレンチビストロBAR「Lilou(リル)」@先斗町四条上ルへ、新規開拓。

先斗町だからすぐにわかるだろうと思ったら、一度通り過ぎちゃって引き返す。な、な、なんと、めっちゃわかりにくい、木造アパートの二階!アパートにしか見えへんし、看板ちっこいし〜。(笑)恐る恐る二階へ上がってみたら、スナック3軒しかない、火事になったら絶対逃げ遅れて死にそうな狭さの通路の最奧にお店がありました。



扉はスナック仕様のまんまで、恐る恐る開けてみたら、鴨川を望めるガラスウィンドウが広がるBARカウンターのある素敵なお店でした。ママさんかわゆいし、アットホームな会話も楽しめる可愛らしいお店で、とっても居心地良し!

ワインはグラスワイン形式で、当日のおすすめワイン4〜5種を一杯から楽しめるようになっています。お料理はどれもオーダー後の手作りで、BARにありがちな冷凍食品を使ったり一切なし、ガチのお料理でなかなかのレベル。

パテ・ド・カンパーニュ、本日のキッシュ、白カビのサラミ、たこ焼き(赤ワインソース&パルミジャーノチーズ)、タルトタタン、どれも美味しくいただきました。

そして先斗町ど真ん中なのに、お安かった!真夜中26時まで営業しているので、深夜族にはとても嬉しいお店。女性一人飲みにも楽しんでいただけるお店。また伺おうと思います。

 

中之島深夜寄席もやっと完成形に近づき、ほっと一息ついた夜でした。

この日の着物コーディネートはこちら → ●△■

2017.08.25. 祇園宮川町・みつや寄席



現場仕事の後、お着物友達のK様にお誘いいただいた、祇園宮川町のお茶屋さんでの落語会へ。

会場は宮川町「美津家」さん。一見さんは普通は入れない本気のお茶屋さんに初めて伺い、お出迎えからはんなり着物姿のお姉さんが接客してくださり、緊張しました〜。工事現場に行く日だからと洋服にしてしまったことを激しく後悔…。

今回は【みつや寄席 第10回記念】の落語会ということで、噺家さんお二人に、舞妓さんの舞踊つき。噺家さんお二人は今回初めて拝聴いたします。


一席目:桂二乗さん(桂米二師匠の一番弟子)/朗らかなやわらか〜い落語に、会場も爆笑。


二席目:桂紅雀さん(故・桂枝雀師匠の最後の弟子)/枝雀師匠からの系譜をしっかりと感じる、熱気あふれる大胆で濃ゆいリズム感。いや〜もっとお大きな落語会でも拝見したい!

 

落語二席の後、地方さん生演奏つきの舞妓さんの舞を拝見。舞をご披露してくださったのは、祇園東・叶朋さん。今年6月1日にお見世出しされたばかりの16歳。舞妓さん1年目のうちは、お紅は下唇だけなんだそうです。

落語会終演後は、特別に舞妓さんお接待つきのBARにも寄らせていただけることになり、貴重な機会なのでお言葉に甘えさせていただき、常連の皆様とご一緒させていただきました。

BARのインテリアも建築家さんのデザインで、とても素敵な空間。お酒が飲めないので、お姉さんオススメのしそジュースをいただきました。さっぱり、とっても美味しい!

祇園東・叶朋さんとK様と。

宮川町・千賀明さんと常連のみなさまと。千賀明さんは舞妓さん2年目の17歳。舞妓さんになりたいと夢を持ったのはわずか5歳の時だそうです!お稽古も忙しいけれど、とても楽しいそうです。かわいいなぁ。

桂紅雀さんと常連のみなさまと。紅雀さん、素の状態でもめちゃくちゃ面白い!これから何度も拝見したいなぁ。

K様、素敵な落語会にお誘いくださいまして、誠にありがとうございました!!!(次回は絶対着物で伺います!)

☆☆☆ 2017.08.08. 結婚記念日・22周年 ☆☆☆

特別なお祝いは何もしないのだけれど、大好きな落語会《 旅成金 in 京都 》で大爆笑の幸せな日。

演目:一席目「磯の鮑」柳亭小痴楽

   二席目「やぶのなか」瀧川鯉八

     仲入り

   三席目「おちよさん」瀧川鯉八

   四席目「怪談乳房榎(かいだんちぶさえのき)」神田松之丞

 

小痴楽さん可愛い〜〜〜。鯉八さんの変態性MAXな新・実験落語の凄さ。松之丞さんのキッレキレの講談。素晴らしい会でした!!!


■ おばんざい・ラーメン 門扇御池店

落語会がはねた後には、学生ちゃん交えて、門扇御池店で〆。

 

■ 着物コーディネート

夕方からは涼しい日だったので、1ヶ月半ぶりに正絹の着物に袖を通しました。

黒地に雨のような斜めライン模様の横絽正絹小紋+荒波柄織り出し銀糸入り紗名古屋帯で、すっきりモノトーンコーデ。

帯揚げは、白地に赤い輪出し飛び絞り(井澤屋)。

帯締めは、黒地に赤ラインの真田紐(三分)+錦鯉のようなガラス帯留め(東風杏)。

帯飾りは、勝野屋オリジナル【キラキラシリーズ/帯飾り】

絽の着物は軽くて涼しい。ついつい暑さに負けて洗える物ばっかり着るけれど、夏の間に正絹着物もあと何回か着ないとな〜。

2017年 初秋〜冬の落語会情報@京都&大阪

Love the Life 一押しの落語会のご案内です。この初秋〜冬の見逃せない落語会情報!!!


■ 第三回・第四回 中之島深夜寄席

 

日時:第三回 2017年9月1日(金)20:00開演(19:30開場)

   第四回 2017年10月20日(金)20:00開演(19:30開場)

出演:桂佐ん吉・桂ちょうば

料金:第一部 1500円/第二部 700円/二部通し 2000円(お得です!)

   きもの割引200円引(当日受付のみ/全席自由席)

会場:中之島SPINNING(受付2F・会場3F)大阪市中央区北浜2-1-14

問い合わせ:Love the Life <e-mail:info@lovethelife.org>


彦八まつり2017 @大阪・生國神社

「上方落語の始祖」米沢彦八の功績を称え、毎年9月第一土曜日日曜日に開催される落語のお祭りです!境内各所で噺家の屋台、事務所対抗大喜利大会、奉納落語会、噺家のど自慢、落語家バンドステージ、素人芸人バトル、お茶子クイーンコンテスト、などなど盛りだくさんの二日間。

日時:2017年9月2日(土)11:00~20:30頃まで

   2017年9月3日(日)10:00~19:30頃まで

会場:生國魂神社 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

 

■ 桂ちょうば in 恵文社 Vol.5〜Vol.7

日時:Vol.5_2017年10月6日(金)19:00開演(18:30開場)

   Vol.6_2017年11月24日(金)19:00開演(18:30開場)

   Vol.7_2017年12月22日(金)19:00開演(18:30開場)

出演:桂ちょうば

会場:恵文社 一乗寺店 コテージ 京都市左京区一乗寺払殿町10

料金:一般 前売予約1500円/当日1800円(全席自由)

   学生 前売予約1000円/当日1300円(全席自由)

問い合わせ/予約:

恵文社 TEL:075-711-5919

米朝事務所 TEL:06-6365-8281(平日10:00-18:00受付)

 

■ 桂ちょうば 京都独演会

日時:2017年10月15日(日)14:00開演(13:30開場)

出演:桂ちょうば/ゲスト:桂塩鯛

演目:「看板の一」「皿屋敷」「肝つぶし」

会場:池坊短期大学 こころホール 京都市下京区四条室町鳥鉾町491

料金:一般 前売予約2500円/当日3000円(全席指定)

問い合わせ/予約:

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:480-498]

米朝事務所 TEL:06-6365-8281

 

■ 立川志らく 京都の会

日時:2017年11月12日(日)14:00開演(13:30開場) 

出演:立川志らく

演目:「芝浜」他

料金:前売3600円(全席指定)

会場:京都府民ホール「アルティ」 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

問い合わせ/予約:

otonowa TEL:075-252-8255(*電話予約のみ)

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:459-972]

ローソンチケット 0570-08-4005 [Lコード:51998]

 

■ 桂雀々 新春独演会〜いぬの巻〜@京都

日時:2018年1月6日(土)14:00開演(13:30開場) 

出演:桂雀々/笑福亭晃瓶

演目:桂雀々「東之旅(発端〜野辺〜荷売屋〜七度狐)」「稲荷俥」

料金:前売3600円(全席指定)

会場:京都府立文化芸術会館

問い合わせ/予約:

otonowa TEL:075-252-8255(*電話予約のみ)

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:459-331]

ローソンチケット 0570-08-4005 [Lコード:55481]

 

【 9月1日(金)第三回 中之島深夜寄席 】のご案内

お待たせいたしました!中之島深夜寄席、第三回開催です!

(第四回:10月20日(金)に決定!)

大阪・中之島の川のほとりで、お仕事帰りに落語でほっこりしませんか?初秋の夜長はぜひ落語で!

夜遅めから始まる深夜寄席。事前予約無し・当日受付のみ、時間帯も20時開演と21時開演の二部構成で、ご都合に合わせてどちらかだけでも参加可能です。

会場は北浜駅からすぐの中之島SPINNING。小さな箱で、和気あいあいと気軽に楽しめる落語会です。落語会の終演後や休憩時間には、桂佐ん吉さん、桂ちょうばさんとの写真撮影、握手、サインなどもOKです!どんどんSNSでも広めてください!

勝野も当日受付とお茶子をしていますので、どうぞみなさま、お誘い合わせの上、お運びくださいませ。<きもの割引>もあるよ!!!

 

【 第三回 中之島深夜寄席 】

出 演:桂佐ん吉桂ちょうば

日 時:2017年9月1日(金)

    第一部 20:00開演/第二部 21:00開演(各回50分)

    開場 19:30〜

会 場:中之島SPINNING(受付2F・会場3F)大阪市中央区北浜2-1-14

木戸銭:第一部 1500円/第二部 700円/二部通し 2000円(お得です!)

    当日受付のみ 自由席/きもの割引 200円引

アクセス:

大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅・京阪本線淀屋橋駅 徒歩7分

京阪本線北浜橋駅 徒歩5分

京阪中之島線なにわ橋駅 徒歩5分

 

企画:Love the Life勝野屋

お問い合わせ:<info@lovethelife.org>まで



2017.05.07. 桂佐ん吉独演会@大阪

Love the Life イチオシの落語家・桂佐ん吉さんの独演会@大阪・大丸心斎橋劇場へ。

桂佐ん吉独演会@大阪・大丸心斎橋劇場


昨年に引き続き、今年も大丸心斎橋劇場での独演会。これは絶対に行かねば!ということで、行ってまいりました。

   【演目】

   開口一番:慶次朗「子ほめ」

   一席目:佐ん吉「犬の目」

   二席目:鯛蔵「悋気の

   三席目:佐ん吉「くしゃみ講釈」

       仲入り

   四席目:佐ん吉「狐芝居」

計五席のリーズナブル過ぎる会。毒舌と自虐に拍車のかかった佐ん吉さんのまくらが最高。軽快で勢いのあるトリ根多が心地良い余韻を残す落語会でした。‬


■たい焼き屋「福八 」 と 自家焙煎珈琲「 心斎橋焙煎所

落語会の後は、南堀江に向かう道中に発見した、「福八」と「心斎橋焙煎所」でお茶。オーパの斜め向かいにある角地の古いビルを一棟まるごとリノベーションし、たい焼き屋「福八」、シフォンケーキ「しふぉん屋」、自家焙煎珈琲「心斎橋焙煎所」の三業態をIN。

三業態とも小さな厨房で賄えるため、建物一階は三業態の厨房が行き来できるようになっていて、面白かったです。

建物の二階は、どのお店の食べ物を持ち込んでも良いイートインスペース「ON THE TABLE」。インテリアデザイン的には思う部分もあるけれども、天窓からの光も入り、カジュアルで使いやすい雰囲気。

この日は珈琲とたい焼きで一服。珈琲は、う〜ん、普通。たい焼きは一丁焼きほどの香ばしさはないけれど、美味しい。手軽に短時間休憩取るには良いお店です。

 

■ 家具 BRIDGEWORKS

お茶の後は、着物友達でもある宮地さんが代表を務める南堀江の家具店「BRIDGEWORKS」さんへ。連休明けからスタートする、インテリアデザインを手がける案件のための家具リサーチへ。

初めて伺いましたが、リーズナブルながら手技のあるオリジナル家具が揃う、とても素敵なお店でした!

モダンな生活にも取り入れやすいデザインの、素敵な日本の工芸品も。

お隣にはカジュアルなセレクト家具が揃う「cubic style」も。

いくつかデザイン案件に採用したい家具があり、撮影させていただいたり、価格や納期のご相談をしたり。後日いろいろとお世話になる予定で、お店を後にしました。

 

■  天ぷら「銀座ハゲ天

京都へ帰る前に、大丸心斎橋店のレストランフロアにある「銀座ハゲ天」でお夕食。大丸心斎橋劇場でもらったクーポンを利用して、ビール一杯無料サービス!油物が重く感じつつあるお年頃。一番品数が少ないコースで満足満足。

 

この日の着物コーディネートはこちら → ●△■

 

【 6月30日(金)第二回 中之島深夜寄席 】のご案内

お待たせいたしました!第一回が大盛況でした中之島深夜寄席、待望の第二回開催です!

大阪・中之島の川のほとりで、お仕事帰りに落語でほっこりしませんか?

夜遅めから始まる深夜寄席。事前予約無し・当日受付のみ、時間帯も20時開演と21時開演の二部構成で、ご都合に合わせてどちらかだけでも参加可能です。

会場は北浜駅からすぐの中之島SPINNING。小さな箱で、和気あいあいと気軽に楽しめる落語会です。落語会の終演後や休憩時間には、桂佐ん吉さん、桂ちょうばさんとの写真撮影、握手、サインなどもOKです!どんどんSNSでも広めてください!

勝野も当日受付とお茶子をしていますので、どうぞみなさま、お誘い合わせの上、お運びくださいませ。<きもの割引>もあるよ!!!


【 第二回 中之島深夜寄席 】

出 演:桂佐ん吉・桂ちょうば

日 時:2017年 6月30日(金)

    第一部 20:00開演/第二部 21:00開演(各回50分)

    開場 19:30〜

会 場:中之島SPINNING(受付2F・会場3F)大阪市中央区北浜2-1-14

木戸銭:第一部 1500円/第二部 700円/二部通し 2000円(お得です!)

    当日受付のみ 自由席/きもの割引 200円引

アクセス:

大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅・京阪本線淀屋橋駅 徒歩7分

京阪本線北浜橋駅 徒歩5分

京阪中之島線なにわ橋駅 徒歩5分

 

企画:Love the Life・勝野屋

お問い合わせ:<info@lovethelife.org>まで

2017.04.23. 【 都をどり2017 in 春秋座 】千秋楽

今年の1月上旬から3ヶ月先の日程を決めチケットを手配し、心待ちにしていた【都をどり2017 in 春秋座】へ、着物仲間のみなさまと行って参りました!

今年はいつもの祇園甲部歌舞練場が耐震工事のため、京都造形芸術大学・春秋座での開催です。

■ 都をどり2017 in 春秋座

朝から快晴で清々しい日。【都をどり2017 in 春秋座】千秋楽の日でございます!

東京や大阪からお越しの皆様と、まずは瓜生山館一階のカフェ・ヴェルディ(デザイン:辻村久信氏)で待ち合わせし、ランチとコーヒーをいただきました。久しぶりにお会いする方が揃い、お話にも花が咲きます。

ランチ後は人間館の春秋座へ、「美大だね〜」なんてワイワイ話しながら、ゆっくり移動。

人間館前のピロティには、ヤノベケンジ+ウルトラファクトリー(学生)プロジェクトの、巨大なネコの彫刻作品。(実は夜になると光るんですって!)


人間館には、都をどりの期間中のために設えられた、学生さんたちの作品が随所に。人間館入口には、和傘にプロジェクションマッピングの作品。


人間館一階にある、Love the Life がデザインしたカフェも見ていただいて。

↓竣工時はこんな(今は展示替えなどでグチャグチャな日が多い…)




観劇の前に舞芸妓さんのお接待があるので、それまでの間に着物のみなさまと撮影を。

素敵なみなさまのお着物写真はこちら → ●△■

 

舞芸妓さんのお接待。お抹茶とお菓子をいただきます。今年のお皿は藍色でした!(藍・赤・白・茶色があり、毎年何色が当たるかお楽しみ)

 

お接待後はお土産物売り場で、京都造形芸術大学の学生さんたちの作品である手ぬぐいを買ったり、京都名品土産を買ったり(たくさんのお買い上げ、ありがとうございます!)して、開演時間に。

 

春秋座は、歌舞伎もできる素晴らしい環境の劇場です。提灯は常設です。花道は可動式。今回【都をどり】のため、左右の高座=お囃子さんが座る場所が新たに設えられ、その緞帳に京都造形芸術大学の学生さんたちの染色作品(板締め絞りの浴衣地を横につないで幕に仕立てたもの)が採用されています。

お座席は、舞台中央前から2列目という間近さで拝見。舞妓さんの一挙手一投足から息遣いまで、芸妓さんの美しい所作に麗しい表情まで、たっぷりと堪能することができました。終演後は、みなで顔合わし「もっともっと世界感に浸っていたいなぁ〜」と、ため息。華麗で美しい時間は、あっという間でございました。

 

ロビーにも京都造形芸術大学の学生さんたちの2017年度卒業作品が展示されていました。皆、個々に「私はこれがいいなぁ〜」なんて言いつつ楽しみました。早く大学内に学生さんたちの作品を売るショップができたらいいのになぁ。本気で買いたいと思う作品が、年々増えているんですもの!


最後に、大階段で記念撮影。学生ちゃんも交えてのにぎやかなメンバー。

 

grill & cafe「猫町」

観劇後は、人混みで交通機関が混むので、grill & cafe「猫町」で一服。

自家焙煎コーヒーと、凍りプリン。その名のまんま、凍っているプリンです!初夏のような日だったので、喉越しひんやりで美味しかったです。

女子数名が注文した、猫町パフェ。すごいのー!大きいし、ブラウニーも美味しいの!次回はこっち頼もうっと!(笑)

華やかな楽しい春の一日でした。

東京からお越しくださったKさんご夫妻、大阪からMちゃん、Yちゃん、Kさん、ご一緒くださいましてありがとうございました!来年は、上七軒の北野をどりを観に行きたいと思っています。また年末〜年明けすぐの頃に情報をお知らせしますので、お楽しみに!

素敵なみなさまのお着物写真はこちら → ●△■