katsunoya » 2014 » 2月

三越のショッピングバックデザイン

三越のショッピングバックのデザインが新しくなるとのニュース。

新しいショッピングバックのデザイン、タイトルは「実り」

人間国宝・友禅作家・森口邦彦氏が友禅訪問着のために創った「白地位相割付文『実り』(しろじいそうわりつけもん みのり)」と題するデザイン、「たわわに実るりんごが幾何学文様」が、三越の自由・革新を繰り返し伝統を作り上げてきた姿勢をこれからも表していくシンボルになる、ということでこのデザインになったそう。

単純に着物の柄をショッピングバッグに転用しただけなので、グラフィックデザイン・パッケージデザインとしての斬新さは無いかもしれない。見る人によっては賛否両論かもしれないけど、「三」がモチーフの三越らしい、たいへん洗練された美しいデザインであるとlove the lifeは思います。

森口邦彦氏の着物デザイン、特に幾何学文様のデザインはたいへん素晴らしく、私も大好きなので、着物好きとしてはこの着物の柄が気軽に手に入れられるという点では、かなりうれしい。着物好きのみなさま、お着物を着て、三越に参りましょう♪

三越伊勢丹ホールディングス 広報ページ

http://bit.ly/mitsukoshi-SB

日本の工芸会 人間国宝ギャラリー・森口邦彦氏

http://bit.ly/yuzen-moriguchi

人間国宝・森口邦彦氏 画像検索

http://bit.ly/moriguchi-photo

 


2014.02.26. 京都お散歩日記

建築&インテリアデザインを担当させていただいた「ふつうの家03」がこの春3月下旬からカフェとしてオープン(春・秋2ヶ月ずつの期間限定)すべく現在準備をお手伝い中。この日はオーナーさん交えて、メニューの要になる珈琲について、京都の某珈琲店さんと打ち合わせ。素晴らしく美味しいブレンド珈琲など数種類試飲させていただく。使用している器で京都の珈琲好きさんならどこの珈琲店かわかるかも♪

140226-coffee1

 

 

 

 

 

 

 

珈琲店さんから業務用食器屋さんへ急いで移動。閉店時間ギリギリに滑り込み、絶対に必要なお道具を注文。飲食店を開業するにはいっぱいお道具必要なので、また別の日に買い出しに来よう。

仕事ミッション終了後、食器屋さん@堀川五条から徒歩で帰宅しようとして、はっと思い出し、トリエさんが参加されている催事のお店「silte(シルト)」さんへ伺う。(仕事帰りなので洋服)食器屋さんから四条烏丸へ抜けて行く間に位置しててラッキー。GoogleMapさんに案内してもらいながら、裏路地側から無事に到着。

140226-silte1

 

 

 

 

 

 

 

西洞院通の東側の曲がりくねった路地。京町家が連なって、とてもいい雰囲気。こんな裏手に京都の風情ある通りが残っているなんて知らなかったー。で、通りながら「竹笹堂」さんも発見。

140226-silte5-takesasa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルトさんは京町家を改装したカジュアル呉服店。1階はシルトさんセレクトの呉服+小物とイベントスペース。2階はPOPな絵柄の洋服用綿ファブリックを使用するカジュアル着物を提案されている「ミミズクヤ」さんの常設店になっています。可愛いカジュアル着物がお好きな方にはいいかもー。

140226-silte2

 

 

140226-silte3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内でスタッフの方と着物談義で盛上がりながら、いろいろ商品を見せていただく。トリエさんオリジナルデザインの可愛らしい猫綸子の帯揚げや猫半衿など、すてきなお品がたくさん。

140226-silte4

 

 

 

 

 

 

 

シルトさんセレクトのお履物受注会では、可愛い鼻緒やちょっぴり個性的でステキな下駄の台がいっぱいありました!!!台はどれも1点限りの現品のみで売切れ御免。う〜んと悩むけど、洋服では気分が盛上がらないね、また今度着物でゆっくり訪れることにします。

そしてシルトさんの後に、ルンルン〜竹笹堂さんに行こう〜♪と竹笹堂さんの格子戸をガラリと開けたら、閉店時間ですと。はい、すみません、ゆっくり拝見したいので、また今度あらためて伺います。裏路地おもしろい〜。京都の街をもっともっと探索せねば!

トリエ http://officetorie.com/

シルト http://ameblo.jp/20140115silte/
京都市下京区新釜座町722  tel:075-746-4610
10:00~19:00 木曜定休(5月中無休)


2014.01.04. 初春文楽公演@国立文楽劇場へ

大阪・粉浜の呉服店「こころや」さんの企画「初春文楽ツアー」で、お着物好きのみなさまと一緒に新春文楽へ着物で行って参りました。文楽の観劇以外に、文楽の舞台裏ツアーまたは人形遣による文楽人形の説明会か、どちらかのオプションが付く特別ツアー。配役が発表され、第2部に桐竹勘十郎さんが出られるということで、1/4第2部のツアーに参加予約し、昨年からヤギ共々とても楽しみにしていました。

文楽劇場入り口には大きな門松。

140104-bunraku1

劇場一階ロビーの端っこには浄瑠璃人形仕様の食い倒れ人形「くいだおれ太郎」も。本物よりも幾分顔がちっちゃいかも。一度動くところが観てみたいもんです。

140104-bunraku3

私達が参加させていただいたこの日は、人形遣い・桐竹勘十郎(人間国宝)さんによる文楽人形の説明会付きでした!!!もうすごいのですよ!さすが人間国宝!以前拝見したことがある若い人形遣いの方の操り方と歴然と違うのです! お人形が少し首を傾げるだけ、右手を動かすだけでも感情表現が見て取れ、お人形は生きている!と瞬時に思えるのです。

140104-kanjuro1

140104-kanjuro2

人形遣いは、人形本体を持ちながら顔と右手を動す顔出しの主遣いと、左手の担当の左遣い、両足を担当する足遣いの三位一体で構成されます。3人がうまく動くために何かしているのかというと、主遣いの人形の動かし方で無言の合図(指令)が出ていると言うのです。それを説明&実演してくださいましたが、素人目には合図が出ている時と出ていない時の違いは全く分かりませんでした。とっても難しい人形遣い、才能と努力で10年20年と研鑽を積めばできるようになるのでしょうか。すばらしい芸術です。たくさんの後継者が育ってほしいものです。

140104-kanjuro3 140104-kanjuro4 140104-kanjuro5

140104-kanjuro6

説明会後にいよいよ長丁場の文楽観劇です。会場内舞台緞帳上にはにらみ鯛と今年の絵馬。

140104-bunraku2

第2部の演目

・面売り めんうり

・近頃河原の達引 ちかごろかわらのたてひき

  四条河原の段/堀川猿廻しの段

・壇浦兜軍記 だんのうらかぶとぐんき

  阿古屋琴責の段

2014-bunraku-poster

「近頃河原の達引/四条河原の段」は鴨川・四条河原の描かれた舞台セットが、とてもシンプルで印象に残りました。背面幕に描かれた昔の京町家の連なる風景に、セットは柳の木が1本だけ。舞台演出の勉強になるわー。

「壇浦兜軍記/阿古屋琴責の段」では花魁・阿古屋の人形(衣装・髪飾りなど含めたら10Kg以上あるらしい)を、勘十郎さんが主遣いで操る。阿古屋が琴、三味線、胡弓(三曲)を弾く場面では、三味線弾きのお一人が実際に琴、三味線、胡弓を演奏し、その演奏にぴったり合わせてお人形の阿古屋がまるで実際に奏でているようにミニチュアの琴、三味線、胡弓を弾くのです。阿古屋の絢爛豪華な衣装もすばらしいですが、その演奏姿のすごさ、勘十郎さんの技術の素晴らしさに感服。

 

観劇後はみなさまと近くの「焼きとんya  たゆたゆ」で新年会!木造店舗付き住宅(屋上3階部分はあきらかに違法増築!)を改装したワイルドなお店。2階をほぼ貸し切り状態で。会費お安いのに、食べきれないくらい豚肉のお料理が出てくる出てくる。新しい着物お友達のご縁もでき、とても楽しい新年会でした。

140104-tayutayuF 140104-tayutayu2f 140104-tayutayuFood

周辺はとーってもディープな千日前・日本橋界隈。奧の方には今では珍しいキャバレーがあったりするの、ステキ。着物では行きにくいお店が多いんだろうけど、一度ゆっくり散策してみたいなー。キャバレーにもね、内装屋としては一回行ってみたいんだよね。「着物でキャバレー」誰か一緒に行ってくれるっていう奇特な有志いらっしゃらないかしら?

140104-nipponbashi

こころやさん企画の初春文楽ツアー、とてもとても楽しい一日でした!ご準備してくださったこころやさんにこの場を借りまして、御礼申し上げます!今後も楽しい文楽ツアーが企画されると思いますので、ぜひみなさまもお運びください。


杉本文楽「曾根崎心中 付り観音廻り」大阪公演

東京公演は sold out ですが、大阪公演はまだ 残席あり、発売中。

チケットぴあ → http://bit.ly/sugimotoBosakaTK


京都・伝統産業の日 2014

【 京都・伝統産業の日 2014[3月14日(金)〜23日(日)]】
今年も3月に京都・伝統産業の日が実施されます。この期間中は入場無料の施設や、京都市バス・京都市地下鉄の乗車料が無料になったり、各所で様々な着物で楽しめるイベントが開催されています。春の香りがする季節にどうぞ着物で京都へお越しくださいませ。

伝統産業の日期間中、毎年着物で参加している「きもので乾杯〜お酒とワイン〜」パーティーが今年も開催されることとなりました。チケット発売は2月1日から開始!ご参加されてみたい方は、個々でチケット入手してくださいませ☆
ご参加される方で初心者の方がおられましたら、当日の集合日時、着物のお着付けのことなどお手伝いいたしますので、どうぞお気軽にメッセージがメールをくださいませ☆

 

【 京都・伝統産業の日2014「きもので乾杯〜お酒とワイン〜」】
・日程:2014年3月15日(土)
・時間:受付・開場:11:00
開演:12:00(14:00頃終了予定)
・場所:京都国際ホテル(京都市中京区堀川通二条城前)
※昨年と同じ会場。
・内容:(1)老舗料亭の花見弁当
(2)日本酒,ワインの提供
(3)芸舞妓による踊りの披
(4)抽選会(魅力的な逸品を多数取り揃えています。)
・応募条件:・当日きものを着て参加いただけること。
・20歳以上。
・チケット代:5000円(当日券なし)
・取扱店:ローソンチケット(ローソン各店・Lコード:54131)
・発売期間:2014年2月1日(土)〜2月23日(日)
※定員に達し次第終了。
・定員:300名(先着順)

伝統産業の日 公式HP http://www.densannohi.com/

kimonodekanpai2013