katsunoya » 2014 » 7月

2014.07.11. 着物コーディネート

「バルテュス」展 へ行った日の着物コーディネート。

なんとなく気分で大人上品コーディネートにしたくなったので、竺仙の絹紅梅+白地荒波柄織出し名古屋帯ですっきりコーディネート。

140711-kimonoK1 140711-kimonoK2 

全体的に落ち着き過ぎなので、帯締めに朱色を。京都っぽい?
でも帯揚げは夏物の飛び絞りを持っていないので、薄い桔梗色の帯揚げで少し色見をプラス。帯飾りはしずくのイメージ、OSTARA。

140711-kimonoK3 140711-kimonoK4

 

「バルテュス」展にて、バルティス氏がレストランの看板のために描いた絵「地中海の猫」の複製パネルと一緒にパチリ。

140711-kimonoK5


2014.07.11. 京都お散歩日記

「バルテュス」展 後、暑いのでかき氷!と思って、祇園NITIまで汗だくだくになりながら急ぎ足で向かうも、お客さんが多いためラストオーダー時間前にOUT。お目当ての季節のかき氷も売切れとのこと。みなさーん、祇園NITIのかき氷、狙うんだったら午前中攻めるか、13時から配布の整理券をGETしてくださいねー。

NITIがダメだったので、仕方なくどうしようかなぁと思っていたら、いつも行列してて入ったことが無かった「ぎおん徳屋」が誰も並んでいないではありませんか!入口引戸を開けてみるとまだ入店可能だったので初潜入。

(下のファサード写真は閉店間際の状態。本当は店前には誰も居ないはずなのに、外国の旅行者の方々がなぜか自由にベンチに座って休憩してる。(笑))

140711-gion-tokuya1 140711-gion-tokuya2140711-gion-tokuya3 140711-gion-tokuya4140711-gion-tokuya5

ここの名物は何といっても わらび餅 !提供の仕方が可愛いの!梅型の器も可愛らしく、わらび餅がかき氷の上に乗って出てくる、なんとも涼やかなこと。濃厚な黒蜜でいただきます。ひんやり、とろとろ〜〜〜ん。美味であります! 140711-gion-tokuya6 140711-gion-tokuya7 140711-gion-tokuya8

もうひとつ、かき氷もメニューにあるので、柳桜園のお抹茶使用とうたっている宇治金時氷を。お抹茶が別添えで出てくるのがいい。

140711-gion-tokuya9 140711-gion-tokuya10

氷の上にお抹茶かけたら、あらあら氷が一瞬で半分に。個人的な感想ですが、氷の分量に対してお抹茶の分量少ない&思ったほどお抹茶が濃くない。そして、氷がなんかじゃりじゃりで美味しくない…。かき氷は不発でございました。

140711-gion-tokuya11 

ぎおん徳屋

住所:京都市東山区祇園町南側570-127
電話:075-561-5554
時間:12:00〜18:00(売切れ御免)
定休日:無休

 

帰りの道々、リサイクル着物・古代裂「今昔西村」のウィンドウ。

うずら柄の夏帯!!!お店の方に怖々お値段をお聞きしてみたら、やっぱり、ウン十万円!動物柄は人気があるから程度のいいアンティークはお高いのよね!でもこの図案のデザインが好き。記念に写真だけ撮らせていただきました。

140711-uzura-obi1 140711-uzura-obi2

 

次へつづきます…☆☆☆ 

 


2014.07.11. 「バルテュス」展へ

NHK「日曜美術館」でも特集された、いま注目の「バルテュス」展 @京都市美術館へ。会期:〜9月7日(日)まで。

140711-balthus1

初日にはバルテュス氏の34歳差の日本人妻・ 節子・クロソフスカ・ド・ローラ さんと中村玉緒さんのトークイベントもありました。早朝から整理券に並ぶ多数の人で、あっという間に満席だったとのこと。いつか抽選でいいので、節子さんの講演をお聴きしてみたい。

テレビで観た印象以上に、実物の絵画はとても素晴らしかったです!

特に私が最も好きなバルテュス氏の代表作「夢見るテレーズ」は、インテリア全体のブラウントーンの背景の中に浮かび上がる赤色、緑色の鮮烈なこと。頬をほんのりと赤く染めた少女テレーズは、目をつむりながら何を思うのか、憂いの表情。大人になりつつある少女の美しさに強く引込まれます。エロなのか、エロじゃないのか?エロでもあり、エロだけではない、“  何か秘められた魅力  ”  があります。

展示会場には、バルテュス氏が晩年を過ごした邸宅 スイス・ロシニエールの「グラン・シャレ」 にある アトリエの現物1/1展示 があるのが見物です。節子さんが大事に絵の具や筆など抱えてスイスから運んだそうです。

残念なのは、現物に近いように窓の外の風景を製作した内装屋の仕事。アトリエの大きな窓面から入ってくる、日光の入り具合が本物とはまるで違う。適当に蛍光灯の間接照明で一部を光らしているだけ。本物に近付けるため、風景全体をプリントした面を半透明フィルムとし、フィルムのバック全面から燦々と光が降り注ぐような演出にできなかったのかしら?そして、その光を時間帯に合わせて移ろうように演出して。日光の光で大切に絵を描く、バルテュス氏の気持ちが反映されていないことを、とても残念に思います。内装屋としてのイチャモンはこれくらいにして…。

エントランスには写真コーナー。バルティス氏がレストランの看板のために描いた絵「地中海の猫」の複製パネルと一緒に記念写真が撮れますよー。

140711-balthus2

自分用お土産に、絵葉書「夢見るテレーズ」「地中海の猫」と、限定200部の節子さんのサイン入り書籍「バルテュス 猫とアトリエ」(夏目典子・NHK出版編)をGET!表紙を開けたら、さり気なく節子さんのサイン!

140711-balthus3 140711-balthus4 140711-balthus5 

「バルテュス」展  みなさま、ぜひお見逃しなく!

神秘的で不思議な緊張感のある絵画、孤高の画家バルテュス大回顧展。一生に一度観れるか観れないかの貴重な展覧会。

会期:2014年7月5日(土)〜9月7日(日)
休館日:月曜日
時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1500円 学生1000円
場所:京都市美術館 京都市左京区岡崎景勝寺町124

 

次へつづきます...☆☆☆ 

 


2014.07.05. 着物コーディネート

東福寺・天得院へ行った日の着物コーディネート。

小雨まじりのお天気のため、紺地に赤ラインの阿波しじら+赤黒タイシルク半幅帯で。

140705-kimonoK1 140705-kimonoK2

 

帯締めは赤黒真田紐三分、帯留めは四角丸の赤いガラス製(東風杏・三品さん作品)。

140705-kimonoK3 140705-kimonoK4

 

天得院にて。

140705-kimonoK5 140705-kimonoK6 140705-kimonoK7 

 

喫茶ガボールにて。

140705-kimonoK8


2014.07.05. 天得院から 京都お散歩日記

東福寺・天得院から三条へ戻り、一度行きたかった三条大橋西すぐ「喫茶ガボール」にてお茶。いままで何度か訪れてみるものの、貸切イベントのためダメだったりご縁無く行きそびれていたのです。今回、初潜入。

140705-GABOR1 140705-GABOR2

 

インテリアはスケルトンの空間にすっきりとした照明プランに、アンティーク家具&骨董のディスプレイが巧みで、とても落ち着いた空間。壁面には映画のポスターなど、雰囲気満点!

140705-GABOR3 140705-GABOR4 140705-GABOR5 140705-GABOR6 140705-GABOR7

 

珈琲とシフォンケーキ。珈琲もしっかりドリップで、ケーキ共々十分な美味しさ。

140705-GABOR11 140705-GABOR12

 

公開中の映画「ひなぎく」に合わせたコラボメニューの「ひなぎくパフェ」。見た目すっごい美味しそう〜って思うけれど、昭和な感じの味わい。映画の時代性に合わせたのだわね、これもまたヨシ。

140705-GABOR13 140705-GABOR14

 

エントランス付近では、使われなくなった化学実験道具などが販売されていました。ちょっとしたディスプレイにあるとカッコいいな〜と、ちょっぴり欲しくなってしまいます。 140705-GABOR8 140705-GABOR9 140705-GABOR10

 

「喫茶ガボール」の後、お夕食にと、ウチの近所の「仁王門 うね乃」さんへ。老舗の京のお出汁屋「うね乃」さんプロデュースの京うどん屋さんです。6月7日にオープンしたばかり。とても素敵なお店なので、しばらく内緒にしておきたいお店なんですけれど、そろそろ宣伝してもいいかな。

京町家を改修した建物は外観からただ者ではないオーラが漂っています。

140705-uneno1 140705-uneno2 140705-uneno3 140705-uneno4

 

プレオープンの日にも宇ゐ先生のご紹介でお伺いさせていただきましたが、内装がまためちゃくちゃ素敵なんです!デザインは、現在最も京都で人気の建築家・木島徹氏。どおりで、ローコストながらシュッとした現代数寄屋の巧さがあるな、と思いました!若くして禅を知りつくした、類い稀なる才能と感性をお持ちの木島氏、いま最もお会いしてみたい方なのです。京都のデザインにおいて、外せない方なので、近いうちに取材に伺いたいものです。

140705-uneno5 140705-uneno6

 

お酢のドリンク。さっぱりのど越しひんやり。

140705-uneno11

 

一品料理。鯵の昆布〆。脂がのって美味しい。

140705-uneno7 140705-uneno8

京野菜のおひたし。上に乗せてあるかつおぶしの贅沢なこと!

140705-uneno9 140705-uneno10

 

たぬきうどん。刻みおあげさんとたっぷりの九条葱に、濃厚なお出汁のあんかけで美味しい!!!生姜たっぷりもうれしい!

140705-uneno14 140705-uneno15

 

肉葱うどん。熟成されたお肉の旨味たっぷり。次回は白ご飯とも合わせてみたい。 

140705-uneno12 140705-uneno13 

 

お出汁のいろいろ。店頭で販売されています。お土産にぜひ!

140705-uneno16

 

「仁王門 うね乃」さん、川端通りから仁王門通りを東へ入ってすぐです。美術館のある岡崎エリアにも徒歩圏内。美術展巡りの前後に、どうぞ京都らしい はんなりおうどん を召上がってみてくださいね。


2014.07.05. 桔梗の寺・天得院へ

桔梗寺と呼ばれる 東福寺塔頭・天得院 【 和敬清寂−桔梗を愛でる特別拝観 】(6月21日〜7月5日)へ。毎日日没頃からライトアップもあり、昼夜入れ替え無しで20:30まで拝観可能です。

夏のお花では桔梗と萩が好きなんですよね。桔梗の凛とした佇まいが大好きです。

140705-ent5

140705-ent1

 

桔梗だけではなく、杉苔が素晴らしいお庭だとお聞きしたので、雨が続いた後の日がベストだろうと天候をうかがい、大雨の次の日、最終日にすべりこみ。

天得院はいつも東福寺に訪れたときに通りがかり、幼稚園から聞こえてくる賑わいが印象的なお寺。桔梗と苔が美しい、それも桃山時代から続く枯山水庭園があるとは知りませんでした。

門から入っていきます。門の欄間に桔梗の紋!

140705-ent2 140705-ent3 140705-ent4

 

アプローチ横の方丈庭園へ続く小さな門。こちらにも桔梗の紋!

140705-ent6 140705-ent7

 

玄関受付から入るとすぐに桃山時代から続く桔梗と杉苔の美しい方丈庭園が広がります。

140705-houjou1 140705-houjou2 140705-houjou3 140705-houjou4 140705-houjou5 140705-houjou6 140705-houjou7

びっしりと杉苔に覆われた枯山水庭園と、白と紫の桔梗との色の対比が美しい!

140705-houjou8 140705-houjou9

 

西の庭園も、灯籠や石の配置含め、素晴らしいバランス。

140705-nishi1 140705-nishi2 140705-nishi3 140705-nishi4 140705-nishi5

方丈廊下突き当たりの華窓から西庭園を望む。窓枠に切り取られた風景って、奥行き感が出てより深みのある色合いに映ります。

140705-nishi6

 

天得院の周辺には紫陽花や春咲きの萩が。

140706-ajisai1 140706-ajisai2 140705-hagi

 

天得院を2時間ほどゆっくり堪能させていただいた後、駅までの帰り道、夕暮れ時の臥雲橋から通天橋を望む。

140705-tsutenbashi

渓谷の楓は蒼蒼と生い茂り、初夏の熱を帯びています。今年の夏の暑さにもよりますけれど、秋になると見事な紅葉に染まります。今年の秋も楽しみです。


2014年 きもの学・京都

毎年恒例の着物についてのお勉強講座 【 2014年 きもの学・京都 】
今年も京都にて、8月30日(土)〜9月6日(土)に開催されます。すでに応募の締め切りは過ぎていますが、募集人員にまだ若干余裕があるそうですので、今からでもお申し込み可能ですって!!!応募締め切りは 8月18日(月)まで延長!

服飾評論家・市田ひろみ氏、竺仙社長・小川文男氏、家紋研究&染色補正・森本景一氏、西陣まいづる社長・舞鶴一雄氏、岡重社長・岡島重雄氏、「日本のきものぷらす+」清田のり子氏など、すばらしい方々の講義ばかり。

毎日すべての講座に出席できなくても、2〜3講座だけでもとても勉強になりますので、ご興味のある方はどーぞ!

↓↓↓ お申し込み、お問合せは、下記HPまで。
【 2014年 きもの学・京都 】

 


2014年 京都・夏の展覧会情報

昨日から祇園祭の鉾建ても始まり、いよいよ本格的な盛夏を迎える京都です。祇園祭中に京都を訪れる方もたくさんいらっしゃることと思います。お時間ございましたら、ぜひ京都ですばらしい美の世界をご堪能ください。

 

「バルテュス」展

神秘的で不思議な緊張感のある絵画、孤高の画家バルテュス大回顧展。一生に一度観れるか観れないかの貴重な展覧会。お見逃し無く!

会期:2014年7月5日(土)〜9月7日(日)
休館日:月曜日
時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1500円 学生1000円
場所:京都市美術館 京都市左京区岡崎景勝寺町124

140711-balthus 

■「うるしの近代――京都、『工芸』前夜から」展

京都の近代の漆芸、京塗(きょうぬり)の展覧会。京都の“ 漆 ”が明治時代に西洋文化が取り入れられ、どのように近代を迎えたのか、「工芸」の新しい視点を探る展覧会。夏休みに合わせて、様々な漆の体験ワークショップも開催されます。

会期:2014年7月19日(土)〜8月24日(日)*巡回予定無し。
休館日:月曜日、展示替えのため7月14日~15日
時間:9:30〜17:00(*金曜日の夜間開館は無し)
料金:一般900円 学生500円
場所:京都国立近代美術館 京都市左京区岡崎景勝寺町 

flyer404

 

■「デミタス コスモス ―宝石のきらめき★カップ&ソーサー―」展

深く濃い味わいの珈琲を飲むための器「デミタスカップ&ソーサー」。鈴木康裕・登美子夫妻によるデミタスのコレクション500点以上の中よりヨーロッパの作品を中心にご紹介。優雅で愛らしく、宝石のような煌めきをもつ超絶技巧のデミタスの数々をお愉しみください。

会期:2014年7月8日(火)〜9月28日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1100円 学生800円
場所:細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3

140711-hosomi-Demitasse2

 


京都・祇園祭囃子

7月に入ると、京都の街中をお散歩しておりますと、四条烏丸界隈では夜7時以降になるとあっちこっちから「コンコンチキチン、コンチキチーン」と祇園祭のお囃子が聴こえてきます。

140704-gionB1

提灯を灯した風情ある京町家の2階をフルオープンにし、それぞれの町内のみなさんがお囃子のお稽古をされています。夜な夜なお仕事終了後に練習場所へ集まってくる浴衣男子にも出会えます。現代っ子な細身の身体にゆるく着付けているのに、着慣れているせいか、めっちゃシュッとしててカッコいい!!!萌えますよー!(笑)

お囃子ムービーはこちら → ★★★

 

今年の祇園祭は昔ながらの形式に戻り、約50年ぶりに「前祭(さきまつり)」「後祭(あとまつり)」にわかかれる形で行われます。巡航する山鉾も前祭と後祭にわかれます。前祭山鉾巡行では 長刀鉾 を先頭に23基、後祭山鉾巡航では 橋弁慶山 を先頭に10基の山鉾が巡行します。今年から祇園祭の山鉾巡行を2度楽しめるってわけです!

また150年ぶりに 大船鉾 が復活!後祭の巡行最後を華やかに飾ります。必見!

 

・前祭宵山(宵々山):7月14日(月)〜7月16日(水)
 歩行者天国:15・16日の18〜23時(予定)
       四条通の八坂神社~堀川間/各町内(中京区一帯)

・後祭宵山:7月21日(月)〜7月23日(水)
 歩行者天国・露店の出店はありません。

2014年・祇園祭 の詳細については 京都観光情報・祇園祭2014日程表 で。

 

祇園祭、人混みはすごいですけれど、あの独特の風情はたまりません!めっちゃワクワクして楽しいです!!!

宵山(宵々山)では山鉾でずっと生でお囃子が演奏され、夕暮れ頃、山鉾のすべての提灯に明かりが灯された情景は圧巻です。人混みの中でもゆっくり移動はできるので、激混みになる少し前、夕方4時頃〜歩行者天国始まって1時間くらいがベストかもしれません。移動する道も一方通行になるので、どこから裏通りへ抜けていくか事前に計画を。裏道抜けて、町外れの小さな和食屋さんでしっぽりするなど、いかがでしょう?

ぜひ京都の夏を、祇園祭を感じに、浴衣でお出かけくださいね☆


2014.07.06. 勝野屋「浴衣着付レッスンの会」2回目

浴衣着付けレッスン2回目終了!

前回と同じく、京都でデザイン繋がりのお友達にレッスン2回目をご受講いただきました。前回のお稽古日にお召しになられた浴衣は大学生時代にご購入されたものだそうで、この日は大人な感じの浴衣を着てみたい、とのことで、勝野の浴衣+帯+小物一式をお貸し出し。

2回目のお稽古では、浴衣の着付け方を一から総復習。

裾長さのバランス、上前・下前の合わせ方、ボディフィットさせながら着るバランス、衿抜きのコツ、胸内側の三角折のコツなど、浴衣も着物の長着と基本は同じなので、これを覚えておかれると着物の着付けもすぐに覚えることができます。

帯結びは前回の割角出し結びと、お文庫結び、お文庫の変形=片流し結びを新しくお稽古。完成時はお文庫結びにしてみたい、とのことで最後はお文庫結び。

すべてご自分でお召しになられました。裾すぼまりに、すっきり美しくお召しになれました!勝野と同じちびっ子なので、勝野サイズの浴衣がピッタリ!

藍染め藤花立涌文様コーマ地浴衣(竺仙)+牡丹色の博多献上小袋半幅帯(木綿)。小物は、お納戸色真田紐二分紐帯締め+藍色陶器玉。

140706-kaechan1* 140706-kaechan2

140706-kaechan3140706-kaechan3

 

お稽古後は豪雨になってしまいましたけれど、勝野と一緒に浴衣でお出掛けお着物同行ショッピング

リサイクル着物屋さん2軒をゆっくり回り、とても良いお買い物をされました!
有松鳴海絞りでいまや貴重な蜘蛛絞りのモダンデザインの浴衣、新品のオフホワイト地に赤の独鈷柄博多献上小袋半幅帯を市場価格の1/10程度のお値段で、三分紐も新品を一般的な価格の半額でGET。

そして着物初心者さんなのに、いきなり麻着物に出会ってしまい、お買い上げ!本麻100%のとてもしなやかな織りで、女性らしい秋草柄の型染めで、とてもステキ!

140706-kaecyan-yukata 140706-kaecyan-asakimono

これからのお着物コーディネートも楽しくなりますね。高価なものではなく、安価なものでも工夫次第でお着物はとても楽しくなります。ひとつずつ、お好きなものをゆっくり選んでまいりましょう。

さてさて、夏着物を買っちゃったからには、ぜひこの夏中に着物デビューしないと!!!夏着物はシーズンが短いので、また近日中に夏着物の着付けのレッスンを開催いたしましょう♪

 

着物屋さんの閉店時間までお買い物した後、「カフェ・マーブル」でお着物談義。 140706-cafeM

 

勝野のこの日の浴衣コーディネート。

藍染め竹折れ縞文様コーマ地浴衣(竺仙)+ライムグリーン色タイシルク半幅帯。

小物には『竹』をイメージして、ディープグリーンの三分帯締め(ゑり正)+黄色とグリーンのガラス帯留め(東風杏・三品さん作品)。

140706-kimonoK

 

浴衣シーズン到来です!

京都の街中は、夜になると祇園祭囃子があっちこっちで聞こえてきます。みなさま、ぜひ今年の夏は浴衣でたくさんお出かけくださいませ☆