katsunoya » 2014 » 11月

2014.11.16. 勝野屋「秋の着付レッスンの会」

勝野がお教えする、なんちゃって着付の「秋の着付レッスンの会」1回目終了!

 

夏に浴衣着付レッスンを2回ご受講されたKちゃんが、この秋に自装で着物デビューを実現させるべくご受講くださいました。お母様からお着物と帯を譲り受けたとのことで、いかにお手持ちのお着物と帯を組み合わせるか、事前に写真でコーディネートのアドバイスも。

お着物はタンスの肥やしで保存期間が長いと、知らない間に劣化しています。シミが経年変化で茶色い目立つシミになっていたり、正絹の胴裏が糊の経年変化で薄茶色に一面黄変していたり、ウールは虫食い穴があったり。やはりお着物は時々タンスから出して、着てあげることが一番の保存方法です。なるべく順番に着てあげて、風を通してあげましょう。

 

今回は【 ウール着物 + 半幅帯  】の組合せでレッスン。

ウール着物はすべらないので初心者さんでも着付けやすく、着物の着方をひととおり覚える最初の一歩に最適かと思います。

Kちゃん、正絹の長襦袢も譲り受けたそうですが、普段着に気軽に着物を着る今後のためにと、レース筒袖&半衿付きのうそつき襦袢を入手されました。うそつき襦袢だと汗をかいても、衿が汚れても、いつでも洗濯機で洗濯できてしまうのが魅力です。

 

お稽古は、襦袢を着る(衣紋抜き、衿合わせのコツ)→着物を着る(腰紐の位置、裾合わせのコツ、胸内三角折でおはしょりを綺麗にするコツ、着物衿の合わせ方)→半幅帯で文庫結び(短めの帯で結ぶ)を2回繰り返し。いろいろ雑談しながらお稽古したので3時間くらいやったかな。お疲れ様でした!

 

↓↓ ↓ 完成形はこちら。

私は何もお手伝いをせず、ご自分ですべて着られたお姿です。半衿のバランス、衿元の緩やかなカーブ、肩と胸の美しいライン 、衣紋の美しい抜け具合。

初回にしてこの美しい完璧なバランス!夏の浴衣レッスンの成果も出ているようです。

141116-01 141116-02 141116-03

帯締めの三分紐に帯留めをお持ちでなかったので、くるくるっと巻き付けアレンジだけ私がお手伝い。

綺麗なグリーン地に変わり麻の葉柄のウールのお着物は、雪の結晶柄にも見えます。クリスマスにもぴったり!ぜひお友達との忘年会やクリスマス会に、このお着物でお出かけしてみてください。

お仕事もお忙しいKちゃん。自宅で自己練習して、11月末のお友達とのお出掛けに、ぜひ着物デビューをがんばってくださいね!!!

 

勝野の着物コーディネート

この日のお稽古が【 ウール着物 + 半幅帯  】なので、CMYKカラーの格子柄ウール着物+レモンイエローのタイシルク半幅帯で。写真の着姿は一緒にお稽古して、鏡を見ずに適当に着たので裾合わせが長すぎる(裾すぼまりになっていない)、衣紋が思いっきり抜けていないなど、少々不格好ですが…。(汗)

141116-katsuno01

141116-katsuno02

 

帯留めはお月さんのような円形のイエローガラス帯留(東風杏)、帯締めはターコイズブルーグラデーション三分紐(ゑり正)ですっきりと。

141116-katsuno03

 

 


2014年 初冬の展覧会情報

東京

■「はじめての志村ふくみ。着物から小裂から。」展

141125-fukumi-shimura

手紬染織の 人間国宝・志村ふくみ さんの展覧会。志村ふくみ さんが丹誠込めて染めて織った「着物」と、布のかけらを集めた「小裂(こぎれ)」の展示販売。

会期:2014年11月27日(木)~11月30日(日)
休日:なし
時間:11:00~19:00(*最終日30日は18:00終了)
料金:無料
場所:TOBICHI 東京都港区南青山4-25-14
   (東京メトロ表参道駅徒歩約10分)
URL:http://www.1101.com/shimura/

 

■「誰が袖図 -描かれたきもの-」展
  Tagasode Screen The Kimono as Painting Theme

141125-nezu-muse-tagasode

「これは誰の袖なのか」。そんな風変わりな名で呼ばれる絵があります。衣桁や屏風にたくさんの衣裳を掛け並べた様子を描く「誰が袖(たがそで)図」です。「誰が袖図」には、秘められた室内空間を覗き見て、そこに掛けられた美しい衣裳を愛で、薫きしめられた香りをイメージし、ひいてはそれを着る人の面影をしのぶ、そんな多層的な趣向が備わっています。

会期:2014年11月13日(木)~12月23日(火・祝)
休日:月曜日(祝日は開館、翌日休み)
時間:10:00~17:00
料金:一般1000円・学生800円 *中学生以下は無料。
場所:根津美術館 東京都港区南青山6-5-1
URL:http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

 

■「ティム・バートンの世界」展

141125-tim-burton

今年日本公開20周年を迎える「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」をはじめ、「シザーハンズ」、「バットマン」、「チャーリーとチョコレート工場」など数多くの映画作品を世に送り出している ティム・バートン のルーツを知ることができる展覧会を開催。キャラクターの原画やオブジェをはじめ、10代の頃に撮影した秘蔵映像や写真、手紙といった貴重な資料など約500点の作品を展示。

 

会期:2014年11月1日(土)~2015年1月4日(日)
休日:無休時間:11:00~22:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1800円・学生1300円・4歳~中学生800円
場所:森アーツセンターギャラリー
   東京都港区六本木6-10-1 森タワー52F
URL:「ティム・バートンの世界」展 公式サイト http://www.tim-burton.jp/

 

六本木ヒルズ・イベントサイト 「ティム・バートンの世界」展
http://www.roppongihills.com/events/2014/11/macg_tim_burton/

 

六本木ヒルズ・ 展覧会「ティム・バートンの世界」コラボメニュー
http://www.roppongihills.com/shops_restaurants/feature/2014/timburton/

「ティム・バートンの世界」展開催を記念して、会期中、六本木ヒルズのレストランやカフェでコラボメニューが展開されるそうです!コレ、めっちゃ楽しそう!いくつかチャレンジしてみたいわ~。(笑)

 

■「仁清・乾山と京の工芸 ー風雅のうつわー」

141125-ninsei-kenzan

絢爛豪華な色彩と、雅やかなデザイン―野々村仁清(ののむらにんせい)と尾形乾山(おがたけんざん)によって大成された京焼(きょうやき)は、九州の肥前磁器(ひぜんじき)と双璧をなす、日本陶磁の大輪の花。「外へのまなざし」「清浄と簡素」「祝祭と権威」「文芸と遊戯」「やきものと蒔絵(まきえ)」といった視点から、江戸時代の京文化の特質を探ります。

会期:2014年10月25日(土)~12月21日(日)
休日:月曜日(祝日は開館、翌日休み)
時間:10:00~17:00(金は19:00まで/入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1000円・学生700円 *中学生以下は無料。
場所:出光美術館 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階

URL:http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/

 

■没後15年記念「東山魁夷と日本の四季」展

141125-kaii-higashiyama
「昭和の国民画家」と称され、日本各地の自然と風景を詩情豊かに描き続けた日本画家・東山魁夷(1908-1999)。その没後15年を記念し、当館では「日本の四季」をテーマに、魁夷の画業を師や仲間の作品とともに振り返る展覧会を開催。

会期:2014年11月22日(土)~2015年2月1日(日)

   前期:11月22日(土)~12月21日(日)
   後期:12月23日(火・祝)~2月1日(日)
休日:月曜日(祝日は開館、翌日休み)
時間:10:00~17:00(金・土は11:00~20:00/入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1200円・学生1000円 *中学生以下は無料。
場所:山種美術館  東京都渋谷区広尾3-12-36    
URL:http://www.yamatane-museum.jp/

 

■「ザハ・ハディド」展

141125-zaha-hadid-main_image
2020年東京オリンピックのメインスタジアム「新国立競技場」に関する様々な物議で一気に一般人にも有名になった建築家・ザハ・ハディド氏。いままでの建築の枠にはまらない前衛的なザハ・ハディド氏のデザインする建築は、ダイナミックで異質。時には物議を、時には勇気を、時には夢を与えてくれるザハ・ハディド氏の建築を体験できる展覧会。

会期:2014年10月18日(土)~12月23日(火・祝)
休日:月曜日(祝日は開館、翌日休み)
時間:11:00~19:00(金・土は11:00~20:00/入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1200円・学生1000円 *中学生以下は無料。
場所:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
   東京都新宿区西新宿3-20-2
URL:http://www.operacity.jp/ag/exh169/

 

■「高松次郎ミステリーズ」展

141125-jiro-takamamatsu
世界的に注目されるアーティスト高松次郎氏。インテリアデザインでは伝説のインテリアデザイナー・倉俣史郎氏がデザインを手がけた新宿二丁目の「サパークラブ・カッサドール(1967年)」でのコラボレーション・壁画制作が有名です。
こんがらがったヒモ、光と影のたわむれ、おかしな遠近法の椅子やテーブル、たわんだ布、写真を撮った写真、そして単純さと複雑さをあわせもつ絵画、1960年代から90年代まで約50点のオブジェや彫刻、絵画、および約150点の関連するドローイングによって、高松次郎氏の摩訶不思議をひも解く貴重な展覧会。そして、会場構成はトラフ建築設計事務所!

会期:2014年12月2日(火)~2015年3月1日(日)
休日:月曜日(祝日は開館、翌日休み)
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般900円・学生500円 *高校生以下は無料。
場所:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー 東京都千代田区北の丸公園3-1
URL:http://www.momat.go.jp/Honkan/takamatsujiro/index.html

*トークイベント「展覧会をつくる」
 鈴野浩一・禿真哉(トラフ建築設計事務所)、菊地敦己
日程:2014年12月20日(土)
時間:14:00-15:30場所:地下1階 講堂
*聴講無料、申込不要、先着140名
*開場は開演30分前

*巡回 ––– 来春、関西にも巡回!!!
「高松次郎 制作の軌跡(仮称)」展
 会期:2015年4月7日(火)~7月5日(日)
 場所:国立国際美術館

 

<その他>
■「荒木経惟 往生写集—東ノ空・PARADISE」展
会場:資生堂ギャラリー
会期:2014年10月22日~2014年12月25日

 

■「東郷青児《超現実派の散歩》と収蔵品選」展
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期:2014年11月15日~2014年12月25日

 

■「伊東豊雄展 台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005-2014」展
会場:TOTOギャラリー・間
会期:2014年10月17日~2014年12月20日

 

■「磯崎新 12×5=60」展
会場:ワタリウム美術館
会期:2014年08月31日~2015年01月12日

 

東京の展覧会もありすぎ!

ぜひみなさまできうる限り足をお運びください。

 

 


【 紅葉を楽しむ秋の着物ランチ会 in 京都 2014 】

いよいよ【 紅葉を楽しむ秋の着物ランチ会 in 京都 2014 】 今週末の開催 です!

現在ご予約11名様。ランチの湯豆腐は、和室を個室貸切で開催決定です!

お一人参加の方も初めましての方もいらっしゃいますし、着物メンズもご参加されます。

参加するかどうか悩んでいるけれど、一人では不安、着付が不安、っていう方もどうぞお気軽に。参加者の中には着付師さんが数名いらっしゃいますので、集合したらちゃやっとお直ししてくださるかと思います。お着物初心者さんは、勝野の手持ち着物のお貸し出しも可能です(お着付けのため9:30頃に love the life 京都アトリエへお越しください)ので、(e-mail:katsuno@lovethelife.org)までお問い合わせください。

当日の天候は、晴れ の予報!!!最高気温19℃、最低気温9℃。
京都にしては比較的暖かく過ごしやすい一日で、格別の紅葉狩りの日となりそうです。夜は肌寒くなりますので羽織やショールなどお持ちくださいね。

11月23日(日)にお時間あるよーって方は、開催日直前まで募っておりますので、ぜひぜひご参加くださいませ☆
 

tenjuan3

今年で3回目となる 勝野屋+着物さくさく【 紅葉を楽しむ秋の着物ランチ会 in 京都 2014 】のお知らせです。

今年は紅葉のピークを味わっていただこうと、11月下旬に 紅葉の名所・南禅寺 で開催します!

ランチ会場は、国の登録有形文化財建築の「順正 南禅寺」。個室の和室にて、ゆったりと湯豆腐会席を堪能していただけるお食事をご用意しました。

前半には明治・大正の元老である山県有朋(やまがた ありとも)氏造営の別荘で、庭園は国の名勝にも指定されている「無鄰庵」をご案内します。庭園は七代目小川治兵衛氏作庭による、東山を借景としたゆるやかな地形を活かし、琵琶湖疎水を取り入れた池泉廻遊式の名庭園。この度、特別に母屋の2階を貸切でご用意しました!紅葉の時季の素晴らしい風景を、普段は観ることができない2階からご堪能いただける貴重な機会です。

後半にはJR東海のポスターにもなっている、南禅寺塔頭の小さな名庭園のご案内を予定しています。京都の日本庭園の素晴らしさ、紅葉の素晴らしさを十二分にご堪能いただける機会になると思います。

南禅寺界隈の素晴らしい紅葉を楽しみながら、秋の京都でひとときをお着物で過ごしてみませんか? みなさまお誘い合わせの上、どうぞお越しくださいませ☆

 

■開催日:2014年11月23日(土)

 

■ランチ会・会場
店名:南禅寺 順正(湯豆腐、湯葉鍋、会席)
時間:2014年11月23日(日) 13:30〜 予約
住所:京都市左京区南禅寺門前
TEL:075-761-2311
URL:http://www.to-fu.co.jp/jp/index.html

 

■時間&スケジュール
11:00-11:10 地下鉄東西線「蹴上駅」改札(1箇所)を出たところで待ち合わせ。
11:10-11:20 徒歩移動
11:20-13:10 無鄰庵 見学( 母屋2階特別見学 もあります!)
        & 母屋2階やお庭で着物撮影会
13:10-13:20 徒歩移動
13:20-15:30 南禅寺 順正 で湯豆腐会席ランチ & お庭で着物撮影会
15:20-15:40 徒歩移動
15:40-17:00 南禅寺塔頭・天授庵 見学 または 南禅院 見学
        (*11月下旬の紅葉状況により判断)
17:00-17:30 南禅寺 の敷地内の紅葉散策
17:30頃解散 お時間のある方はウェスティン都ホテル京都でお茶など。
*ランチ会のみのご参加も可能です。

 

■人数:12名様〜16名様
お申し込みの早い順でご予約を承ります。
会場のお席の関係上、人数が多くなりました場合にはキャンセル待ちとなります。
今回はせっかくの紅葉真っ盛り。お着物は着ないけれど、彼氏さん、旦那さん、
お着物にご興味があるお友達など、ご同伴も喜んで。

 

■参加費
ランチ(湯豆腐会席):お一人様 5140円(消費税・サービス料込)ドリンク別途。
無鄰庵 拝観料:410円
南禅院 拝観料:300円
天授庵 拝観料:400円(17:30から夜間ライトアップあり/昼夜入替 500円)
*当日ランチ会場、各寺院窓口にてお支払いください。

 

■アクセス
<電車> *電車をおすすめします。
・JR「京都駅」から地下鉄烏丸線「京都駅」(国際会館方面行)に乗車→「烏丸御池駅」にて東西線(六地蔵方面行)に乗り換え→「蹴上駅」下車(所要時間約25分)

・阪急「四条駅」から地下鉄烏丸線「烏丸駅」(国際会館方面行)に乗車→「烏丸御池駅」にて東西線(六地蔵方面行)に乗り換え→「蹴上駅」下車(所要時間約20分)

・京阪「三条駅」から地下鉄東西線「三条京阪駅」(六地蔵方面行)に乗車→「蹴上駅」下車(所要時間約10分)

<タクシー>
「南禅寺へ。仁王門通の南禅寺交差点まで。」とお申し付けください。
・JR「京都駅」からタクシー(所要時間約35分)
・阪急「河原町駅」からタクシー(所要時間約15分)
・京阪「三条駅」からタクシー(所要時間約15分)
・京阪「神宮丸太町駅」からタクシー(所要時間約12分)

<バス>  *たいへん混むので避けた方がよいです。

 

■ドレスコード
紅葉の時季に着てみたい思い思いのお着物で。
*雨天の場合は、雨仕様のお着物でも、お洋服でも、お気軽にご参加くださいませ。
*お着物は着ないけれど、彼氏さん、旦那さん、お着物に興味があるお友達など、
 ご同伴の方はご自由な服装で。

 

■当日のお着付け
お着物のお着付け一式をお願いしてみたい方、帯だけ変わり結びにしてみたい方、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。
当日 9:30〜10:15 頃に勝野邸(京阪三条駅から徒歩7分、神宮丸太町駅から5分)にお越しいただけます方は、着付師の先生にお着付けのご予約をしますので、ご要望をお知らせください。

(*料金:小紋・紬4000円、訪問着・附下げ5000円、帯結びのみ2000〜3000円)

お着付け後は、地下鉄かタクシーで待合せ場所まで向かいます。(所要時間約20分)

 

■お問合せ、お申し込み
ランチ会のみのご参加、ランチ会+前半お庭見学+後半お庭見学希望など、ご要望
を添えて、お名前、ご同伴者人数及びお名前、ご連絡先お電話番号&メールアドレ
スをご明記の上、下記までお申し込みください。

勝野屋・勝野明美 e-mail:katsuno@lovethelife.org
着物さくさく・須賀凌子 e-mail:info@kimonosakusaku.com
(mixi、facebookでのメッセージでもOK☆)

 

 tenjuan6

遠方からご計画の方は、そろそろご宿泊ホテルのご予約を急がれるのが賢明です。京都市内のホテルはこの時季宿泊料金が高くなるので、大阪方面、滋賀方面のビジネスホテルを探されてもいいかもしれません。当日朝にご宿泊ホテルのお部屋にてお着付けをご希望される方がおられましたら、着付師さんをご手配いたしますのでお申し付けくださいませ。

 


さくさくプラス【次世代型襦袢「ふぁんじゅ」】発売!

勝野が着物を着始めて右も左もわからない頃から、着物のことでいろいろとたいへんお世話になっている 着物さくさく・須賀凌子先生 。プロの着付師として、和裁師として、着物のことならアンティークから現代モノまで、何でもご相談できる着物を知り尽くした 須賀凌子先生が、この春から考案〜研究〜開発にご尽力されてきた【 次世代型襦袢「ふぁんじゅ」】がいよいよ発売されました!!!

着物さくさく・須賀凌子先生 から写真のご掲載許可をいただいて、詳細をご紹介いたしま〜す!じゃじゃ〜ん!

 

Saku Saku + 【 次世代型襦袢「ふぁんじゅ」】

201411fun02

http://www.kimonosakusaku.com/fanjyu/

半襟付け・紐・伊達締め不要。「簡単・キレイ・動きやすい」次世代型襦袢シャツ。

 

11/22(土)、24(月・祝) こころやさん展示会「こころのよそおい」 にて「ふぁんじゅ」試着会が開催されるそうです!。会場:天満橋/マルゼンボタンギャラリー2階にて。

 

普段から勝野は うそつき襦袢(半衿付、レース筒袖) の愛用者です。須賀凌子先生 にお仕立てしていただいた自分サイズの正絹長襦袢も何枚か持っていますが、リサイクル着物やアンティーク着物では袖丈と裄寸が合わずに、長襦袢の袖がはみ出してしまうことが多いのです。着物を着付けてしまってから慌てても襦袢を着直す時間がないとか、正絹長襦袢ではすべってしまって着付に時間がかかる&衿元から着崩れてくるとか、なにせ自分の着物を着るのでさえいまだに苦手にしているのですから、普段着にさささっと手早く着物を着ようと思ったら、ついついうそつき襦袢に手が伸びてしまいます。

結婚式やお茶席でない限り、遊びの着物パーティーでアンティーク着物を着たりするときにもうそつき襦袢、普段着には90%はうそつき襦袢なんですよね。汗をかいても大丈夫、胴裏の色が移っても大丈夫、半衿が汚れても大丈夫、半衿付けたまま洗濯機で洗濯できちゃうから。

うそつき襦袢に替え袖をつけると楽しみも増えるんです。着物袖の振りから襦袢袖がチラ見えするお洒落さってステキなのも、よーくわかるんです。でもさ、そこは超・面倒くさがり勝野ですから、いちいち着物サイズに合わせたお袖を毎回付けてられないので、襦袢のお袖は付けない&襦袢袖ナシでもまったく気になりません。人様のお召しのお着物でも、襦袢袖が見えていなくてもぜーんぜん気にしません。着物を快適に楽しく着る のが最優先だと思うので、普段着は うそつき襦袢 で十分だと思うのです。

 

だ・か・ら、【 次世代型襦袢「ふぁんじゅ」】すっごいんですよ!そのうそつき襦袢のさらに進化版、Tシャツ型で1枚でいけるんですもの!

 

衿合わせがずれない!

襦袢の衿がずれないってことは、着物も着崩れないってこと!

↓お着物を着付けたイメージはこちら。

201411fun05 201411fun04

 

着るだけで自然に美しく衣紋が抜ける!!!

抜きすぎず、どなたでも美しく見えるバランス!

201411fun01

 

お衿にはさくさくプラスオリジナル開発の 特製衿芯 を入れるとより美しく。(*お手持ちの長襦袢、半襦袢にもご使用いただけます。)

201411fun00

 

そしてお洋服としても着ることができるんです!なんて画期的な!!!

お仕事や用事でお洋服で活動しなくてはいけないときも、いざってときにお着物を素早く着ることができます。

201411fun06

 

誰も着物の中なんて見ない(お年頃の女性は除く)んですから、普段着の着物下はコレでいいんじゃないですか!?

上半身:「ふぁんじゅ」+下半身:裾よけ or レースステテコ or 東スカート。

Tシャツかぶって、下をさくっとはくだけ。この上に着物を直接着ちゃえばいい。
お洒落さんは着物の方にうそつき袖を付けましょう♪

 

いまから着物を始められる方、普段着に気軽に着物を着たい方、お仕事に習い事に短時間でお着物を着る必要がある方など、様々な方への救世主!着物を知り尽くしている 須賀凌子先生 だからこその発想!私も近日入手して、試してみたいと思います。(試着レポはまた後日ね☆)

 

■着物さくさく
http://www.kimonosakusaku.com/

 

■着物さくさくblog 「着物諸々」
http://www.kimonosakusaku.com/blog/2014/11/post_618.html

 

■さくさくプラス【 次世代型襦袢「ふぁんじゅ」】Yahoo!ショッピング

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakusaku-plus/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakusaku-plus/14sak-01.html

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakusaku-plus/skig-01.html

 


勝野屋「秋の着付レッスンの会」やりまーす!

■11月16日(日)13時〜、Love the Life 京都アトリエ にて。

この夏に浴衣レッスン2回をご受講されてから、自装で浴衣デビューされたKちゃんが、いよいよ秋のお着物デビューに向けて着付レッスンを開始〜。

内容は、最初の第一歩、お襦袢の着方からお着物の着方、半幅帯結びの予定です。

その他お手持ちの着物でできるコーディネートのご相談、初心者さんの誰にも聞けない質疑応答何でもアリから、邪道着付まで。

半幅帯だけでも習いたい、ウール着物や木綿着物でお出かけしたい、何でもいいので着物着てみたい、ご希望のある方は16日ぜひアトリエに遊びに来てね♡

まったくお着物初めての初心者さんでも、勝野自前のウール着物でしたらお貸し出し可能です。せっかくの紅葉の時季ですもの、お着物を着て京都で遊ぼー。