katsunoya » 2018 » 5月

【 6月1日(金)第七回 中之島深夜寄席 】のご案内

雨が美しくしたたる候、大阪・中之島の川のほとりで、お仕事帰りに落語でほっこりしませんか?夜遅めから始まる深夜寄席。事前予約無し・当日受付のみ、時間帯も20時開演と21時開演の二部構成で、ご都合に合わせてどちらかだけでも参加可能です。

会場は北浜駅からすぐの中之島SPINNING。小さな箱で、和気あいあいと気軽に楽しめる落語会です。落語会の終演後や休憩時間には、桂佐ん吉さん、桂ちょうばさんとの写真撮影、握手、サインなどもOKです!SNSでの掲載も大歓迎!

勝野も当日受付をしていますので、どうぞみなさま、お誘い合わせの上、お運びくださいませ。<きもの割引>もあるよ!!!

中之島SPINNINGが6月末閉館となるため、中之島SPINNINGでは最後の深夜寄席となります。コンクリートむき出しの空間に中之島の夜景が見える空間での最後の落語会に、ぜひぜひみなさまお誘い合わせの上お運びくださいませ☆

 

【 第七回 中之島深夜寄席 】

出 演:桂佐ん吉・桂ちょうば

日 時:2018年6月1日(金)

    第一部 20:00開演/第二部 21:00開演(各回50分)

    開場 19:30〜

会 場:中之島SPINNING(受付2F・会場3F)大阪市中央区北浜2-1-14

木戸銭:第一部 1500円/第二部 700円/二部通し 2000円(お得です!)

    当日受付のみ 自由席/きもの割引 200円引

アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅・京阪本線淀屋橋駅 徒歩7分

     京阪本線北浜橋駅 徒歩5分

     京阪中之島線なにわ橋駅 徒歩5分


企画:Love the Life・勝野屋

お問い合わせ:<info@lovethelife.org>まで

桂佐ん吉 http://sankichi.jp/

桂ちょうば http://www.eonet.ne.jp/~cho-net/

中之島SPINNING http://www.spinning.jp/


次回・・・現在大阪市内で場所を探し中。次回開催が決まり次第WEBでお知らせします。

【東京キモノショー 2018】ご案内

【 東京キモノショー 2018 】 5月2日(水)〜5月6日(日)開催!

《 キモノスタイル 200 》のスタイリング中で、きものカラーコーディネーター協会 = KICCA/勝野屋・勝野明美 として参加しています。KICCAからは13体のスタイリングが並びます。カラーにこだわりのある、個性ある着物コーディネートが一堂に並び、壮観だと思われます。

勝野屋コーディネートのタイトルは《青き海の彼方へ》《青》に《青》を重ねて、神秘の海の中へと想いを馳せる コーディネートを出品しています。

お気に入りのコーディネートがありましたら、ぜひご投票をお願いいたします!

【 東京キモノショー 2018 】は、たくさんのメーカー、工房、作家さんによる着物展示、素敵なゲストによる着物ファッションショー、トークショー、ワークショップなど、様々なプログラムで構成されている大イベントです。毎年GWに開催されており、大盛況で、いつか行ってみたいと思いつつ私自身は行けていないのですが、東京のお着物好きのみなさま、ぜひ行ってみてくださいね!

会期中には、KICCA 能口祥子先生のキモノショー、キモノカラーコーディネート講座もございます。お時間ございましたら、ぜひご参加くださいませ。勝野はいろいろがあるため東京には同行できませんが、ぜひお着物尽くしの楽しいイベントをご体験くださいませ。

【 東京キモノショー 2018 】

期間:2018年5月2日(水)〜5月6日(日)

時間:10:00〜18:00(最終日17:00)

場所:日本橋三井ホール

   東京都中央区日本橋2-2-1 COREDO室町5F(エントランス4F)

費用:当日 1200円(*高校生以下無料)

 

2018.04.29. 着物コーディネート

本町キモノフリーマーケットの日の着物コーディネート。

気温30度、夏日の予報。こんな日には浴衣しかないっしょ!今年の浴衣解禁日!

備長炭入り綿麻生地の黒赤竜巻絞り浴衣(藤井絞)にうそつき襦袢を着て、単衣として着用。これがこの暑さの中では大正解で、めちゃくゃ快適でした!

透け感のない備長炭入りの生地は、私の体感では盛夏では暑すぎて着られないので、5・6月と9月の単衣の時期にはちょうど単衣として着るのにぴったりなんです。

帯は赤色のタイシルク半幅帯。帯留めは白黒ガラス製(東風杏/ギャラクシーシリーズ)。帯締めは黒色に赤ラインの二分真田紐。帯飾りはキラキラ帯飾り(勝野屋)。

足元は真っ赤な真っ角草履(カレンブロッソ)。鼻緒は黒赤のシコロ製(カレンブロッソ)。足袋はレース足袋(ゑびす足袋)。立ち仕事にはカレンブロッソしかないよね!でも牛革は色落ちするので、いつか真っ角の真っ赤なエナメル草履を作ろうと思います。

 

フリマに他のブースでご参加されているK様のコーデご紹介。実は勝野が数年前のフリマで出していた帯をお嫁にもらってくださっての、超絶カックイイコーディネート!

黒の変わり紗生地に南蛮船をペイントしたお太鼓部分のみのハギレを、夏の喪帯にグリーンの帯芯を入れてリメイクした帯なんです。自分では持て余していた帯を、こんな風にかっこよく活かしてくださっているのは本当に嬉しい!

帯揚げ帯締めのお色、東風杏さんのグリーンのギャラクシー帯留めともぴったり。ロックでかっこいい着こなしのお手本です。ああ、こんなかちょいいお姉様に近づけるように、勝野も精進しま〜す!

【大阪・本町キモノフリーマーケット 2018・春】終了!



【本町キモノフリーマーケット2018・春】 快晴の気持ちの良いお天気にも恵まれ、大盛況のうちに終了いたしました!

2年ぶりの開催でしたが、遠方からお越しくださった方、お忙しい中お時間作ってきてくださった方、久しぶりに会いに来てくださった方、たくさんのお客様がお運びくださり、誠にありがとうございました!!!

ご縁がありましたお品たちが、少しでも皆様のお着物生活に彩りを添えることができましたなら幸いです。

主催者の皆様、出店者の皆様、愛日会館様にも御礼申し上げます。

次回開催は来年秋かな〜、それ以降かな〜??? また決まりましたら、公式ウェブサイトでお知らせいたします。

大阪・本町キモノフリーマーケット Website

大阪・本町キモノフリーマーケット Facebook

 

今回「勝野屋」と共同出店してくださった「おさんぽ」主宰のF姉さん。元はダンナの会社同僚繋がり。内装屋からいつの間にか着物のプロフェッショナルに。二人とも着物にハマってくなんてね〜。(笑)これから何かイベントするときは「凸凹」って名前にしよっか〜、と言うてます。(笑)F姉さんも京都人なので、京都フリマの共同主催者認定!

実は、今回いろいろがあるために、着物部屋を発掘する余裕なく、意外と手持ち着物温存しちゃってるんですよね…。好きな着物ばっかりで手放す勇気がない、っていうのもあるんですけど、《 終活 》もしなきゃいけないし、着物部屋の断捨離もいつかはしなくちゃいけないので、そのうち京都フリマも考えたいと思います。いつかは未定ですが、そんときゃ大枚握りしめて来てね!

 

フリマの日の着物コーディネートはこちら → ●△■

 

そして、いくつかフリマ出品物が売れた売り上げで、お迎えしたブツはこちら。

こころやさんから、目もくらむような鮮やか色のタイシルク半幅帯!夏の勝野コーデに大活躍間違いなし!!!夏のアレとかアレとか、アレにも合うな〜。何に合わせましょうか、これからのコーデがとっても楽しみです。