katsunoya » 着物コーディネート

カテゴリー : 着物コーディネート

勝野の着物コーディネート紹介。

2018.12.19. クリスマス着物コーディネート

着物deクリスマス会の日の着物コーディネート。

勝野のクリスマスコーデ。

雪を思わせる猩々緋色(しょうじょうひいろ)に白の総絞り小紋着物+黒赤金色ストライプ市松柄織り博多名古屋帯。

帯揚げは常磐色(ときわいろ)の縮緬、帯締めは緋色(ひいろ)の四分紐で、クリスマスカラー。帯留に金色のビーズ製指輪でキラメキ感をプラス。

帯飾りは【勝野屋オリジナルキラキラ帯飾り】。おめかしモードですから、クリスマス柄のお扇子も挿して。

F姉様のコーデ。

グレーがかった深縹色(こきはなだいろ)ベースの縞柄小紋に、白地に茜色と深緑色の水玉柄名古屋帯で、さりげなくクリスマスカラーを取り入れたコーデ。渋い大人なコーデです。

F姉様、また着物でお出かけ、よろしくお願いいたしま〜す!

 

おまけ

12月頭の着物業界交流イベントで着用した、クリスマスコーデ。

黒に近い蚊絣柄泥大島紬+白地に緋色麻の葉柄絞り名古屋帯。麻の葉柄を雪の結晶に見立てて。

帯揚げは常磐色(ときわいろ)の縮緬。帯締めは黒に赤色ストライプ三分紐。帯留はガラス製の赤と緑色のクリスマスカラー(東風杏)。

帯飾りは【勝野屋オリジナルキラキラ帯飾り】

2018.11.12. 着物コーディネート

今宮神社とあぶり餅の日の着物コーディネート。

雨予報だったので、撥水加工された藍色横断柄絞り紬着物+木綿の藍色ベースの楓柄名古屋帯(リメイク)の同一色トーンでまとめました。

帯揚げはすっきりと胡粉色の縮緬。

帯締めは緋色の冠組(道明)で、赤く染まる紅葉の色を表現し、アクセントカラーに。

記念撮影。

Yご夫妻様、また着物でお出かけ、よろしくお願いいたしま〜す!

2018.11.11. 着物コーディネート

立川志らく独演会の日の着物コーディネート。

ハロウィンが終わりましたから、11月は紅葉カラーの着物コーデです。

黒茶色地に茜色〜緋色グラデーションの蜘蛛絞り紬着物+とうもろこし色地に柿柄友禅染名古屋帯。

帯揚げは蜜柑色の縮緬。帯締めは緋色の冠組で、赤く染まる紅葉の色を表現。

紅葉コーデをたくさんアップしていきたいと思います。

2018.10.31. ハロウィン着物 コーディネート

10月に入ってから少しずつハロウィン🎃を意識した着物コーディネートを数回していますが、取り急ぎ今日のハロウィン🎃着物コーディネート集大成をば。(*他の🎃コーデはまた後日)

着物は、ほぼ黒色の麻の葉文様泥大島紬。絣で織り出された麻の葉文様を、蜘蛛の巣に見立てて。うね乃の大岩綾子さん(着物好き)が、言わずとも「蜘蛛の巣に見立てて麻の葉ですか?」とすぐに気づいてくださって、うれしい!

帯は、赤橙色木目紋板刷り染め名古屋帯(熊谷好博子作)で、 🎃カボチャ色のイメージで。

帯留めはジャック・オー・ランタン🎃(ガラス製)、帯締めは紫色二分真田紐+黒色に赤ライン三分真田紐をクロスに結んで。

帯揚げに藤紫色を入れて、色によるハロウィンコーディネートの完成。写真では写っていませんが、半襟にも刺繍で蝙蝠やジャック・オー・ランタン🎃もいます。まんまコスプレをする勇気はないので、さり気なく季節の小物でイベントごとの遊びを加味するのが好きです。

 

F姉さんのハロウィン着物コーディネート。

ハロウィンカラー(オレンジ・フォレストグリーン・イエロー・ブラック)のよろけ縞小紋に、黒色タイシルク帯で大人カジュアルが素敵。バッグが紫色でハロウィンぽさ倍増!

色で構成する着物コーディネート。もっといろんな自分を演出できるよう、試していこうと思います。

2018.09.22. 着物コーディネート

むーちょさんと京都で再会の日の着物コーディネート。

この日は全身写真を撮る時間がなくて、鍵善良房の前にてむーちょさんに携帯電話で撮影してもらいました。

9月も後半ですから単衣の本紫色菊唐草文様縮緬地小紋に、蜜柑色ベースに橙色がポイントの幾何学文様絞染め名古屋帯。

カラーでは、本紫色=ぶどう、橙色=柿のイメージで、秋色コーデです。(実はハロウィンカラーコーデにもなる)

帯揚げは縮緬地鳥の子色ですっきりと。帯締めは黄赤色で熟した柿の色。

(袖から嘘つきのレース袖が覗いているのは見なかったことにしてください…撮影ポーズ、精進しなくては!笑)

2018.09.16. 着物コーディネート

【キモノフリマ打ち上げと落語】の日の着物コーディネート。

酷暑の夏が過ぎ去り、虫の音も涼しく秋風を感じる初秋。葡萄をイメージして、いろいろな薄紫色をリンクさせるコーディネート。ですが、、、日中気温30度の残暑厳しく、めちゃくちゃ蒸し暑く滝汗の日。流石に夏着物は見た目が涼しすぎるかと、絹の単衣紬に。

・着物:薄葡萄色〜白菫色ぼかし染め地に濡羽色の縫取り絞り単衣紬

・帯:白色塩瀬地に赤紫色ぼかしと木目紋板摺り染め名古屋帯(熊谷好博子作)

・帯揚げ:葡萄色絽縮緬

・帯締め:本紫色冠組

・帯飾り:勝野屋オリジナル【キラキラ和装アクセサリー/帯飾り】

 

早く日中も涼しくなってほしいですね。この夏は酷暑すぎて着物を数回しか着られなかったので、秋が深まるごとに、どんどん着物を着て楽しみたいと思います。

2018.09.09. 着物コーディネート

【 KICCA「きものde落語はじめ!」】の日の着物コーディネート。

重陽の節句の日。菊柄の型染小紋を着ようと目論んでいたのに、朝から大雨で夜もかなり降りそうな予報…。流石に撥水加工していない縮緬の着物を雨の日に着る勇気がなく、綿麻の着物にしました。

墨黒色菱形柄板締め絞り綿麻着物(藤井絞)+シルバーグレーのタイシルク半幅帯。

帯締は黒地に赤ラインの三分真田紐。

重陽の節句にちなみ、蜻蛉玉作家さんに特注で作っていただいた、ガラス製の赤い菊の蜻蛉玉をポイントに。

2018.08.12. 着物コーディネート

【浴衣でビアガーデン】の日の着物コーディネート。

毎年着まくっていますが、今年は1回目の登場になる、白地に雪輪麻の葉柄の綿紅梅浴衣(竺仙)+イエローのタイシルク半幅帯。もう青色系の浴衣にイエローの帯は鉄板コーデですね。

帯締めはブルーグラデーション三分紐(ゑり正)。

帯留は水色イエロー青三色のガラス製(東風杏)。

自分にも初めてのリボン返しをやってみたのですが、鏡で見ている時は綺麗にできたと思っていたけど、写真で見るとなんか変。長さのある帯なので手先を長くし過ぎたかも。何事も慣れないと上手くいきませんね。特訓します!(笑)

 

■ 浴衣着付けミッション

飲み会の前、この日お昼過ぎになんちゃって着付けミッション。美人さんに勝野手持ちの浴衣・帯・小物・下駄を一式お貸出しし、着付けをさせていただきました。他装はとても久しぶりだったけど、なんとか美しく着付けできたかな。

帯結びはリボン返しにしています。帯や小物はたくさん持参した中から、彼女自身がこのモノトーンでまとめるコーデをセレクト。背がお高く美人さんなので、とても大人な雰囲気に仕上がりました。(*全身撮影をしていないのが残念!)

浴衣は黒地に朝顔柄の綿紅梅浴衣(プレタ)+白黒縞柄博多小袋半幅帯。

帯締めは赤色三分紐(ゑり正)、帯留は黒グレーツートンガラス製(東風杏)。

次は卒業式での和装かな?お若い方の着物姿はとても嬉しいので、楽しみにしています。(母心)その前に、卒制、就活がんばれ!

2018.07.23. 祇園祭・後祭 宵山 着物コーディネート

【祇園祭・後祭 宵山】の日の着物コーディネート。

日暮れ時間の撮影なので、色写りが暗くてイマイチですが…。

初おろしの紺地に萩柄の綿絽浴衣(竺仙)+空色の独鈷柄博多献上小袋半幅帯。

浴衣らしい、紺地の古典柄の浴衣が大好きなんですよね。古典柄には博多帯で、シンプルにコーデするのも好き。

帯締めは純白の三分紐でスッキリと。帯留に白赤金のガラス製(東風杏)でアクセント。

若干、帯結び失敗。手先の長さを間違って、バランス悪くなってしまいました。時間なかったのでそのまま出かけましたが。新品の博多帯でも短めなので、4m以上のもっと長いのあったら良いのになぁ〜。

2018.07.16. 祇園祭・前祭 宵山 着物コーディネート

【祇園祭・前祭 宵山浴衣デート】の日の着物コーディネート。

紫色〜藤鼠色グラデーション格子柄の麻着物(新之助上布)+シャトルーズグリーン色のタイシルク半幅帯。透け感のあまりない麻着物なので、長襦袢は着ずに浴衣下のみで、涼しく。

帯締めは、つつじ色三分紐(ゑり正)。帯留は、グレー&ホワイトの楕円型ガラス製(東風杏)。麻着物にグレイッシュな色が入っているので、帯留のグレーともリンク。

Yちゃんは、昨年の祇園祭に藤工房さんでいただいた、とても美しい紫色の雪花絞(藤井絞)+ホワイトの紗博多半幅帯のコーデ。

着付けも一回しかお教えしていないのに、どっかから学んで、いつも可愛く着物を着てくださるのです。この日も私はお教えしていない、可愛い帯結びで。

足元も紫パール色の草履(伊と忠)にレース足袋(ゑびす足袋)で、女性らしくまとめて。

貫禄のあるお母さんと、初々しい娘っ子、みたいな。(笑)

一応、紫シスターズを意識してみましたの。来年は私のもう一枚の雪花絞で、雪花シスターズで祇園祭を回りましょう。

今年の夏の間に、もう一回くらい浴衣デートできるといいですね〜。かき氷食べに行きましょう!