katsunoya » 着物コーディネート

カテゴリー : 着物コーディネート

勝野の着物コーディネート紹介。

2018.06.01.【 第七回 中之島深夜寄席 】ご報告

Love the Life・勝野屋が企画をお手伝いしている【第七回 中之島深夜寄席】を無事に終えることができました。

中之島SPINNINGでは最後となる会。第一部から最高の入りで、第二部ではもう入れないくらいの満員御礼50名様MAX状態での熱い会となりました。たくさんのお客様にお越しいただき、誠に素晴らしい最終回とできましたこと御礼申し上げます!!!

【演目】

第一部:佐ん吉「子ほめ」 /ちょうば「お菊の皿」

第二部:ちょうば「新作:願い事(*名前決まりました)」/佐ん吉「抜け雀」

 

最終回となる今回は、中之島深夜寄席オリジナル手ぬぐいも盛況で、終演後に佐ん吉さんちょうばさんにサインを入れていただいたり、記念撮影を行ったり、楽しい時間でした。

【中之島深夜寄席】の開催にあたり、毎回深夜まで自由に使わせてくださいました中之島SPINNING様には大変ご協力を賜りましたこと、御礼申し上げます!また毎回素晴らしい芸を魅せてくださいます桂佐ん吉さん、桂ちょうばさんにも御礼申し上げます!

次回以降の【深夜寄席】の新しい会場と日程は、まだ決まっておりません。北浜・淀屋橋界隈〜本町・心斎橋界隈で、継続してスペースを探しておりますので、しばらくお待ちくださいませね。決まりましたら、勝野屋blogとFacebookでお知らせします。

 

四川料理「龍門」

深夜24時過ぎ帰京。真夜中の食事には定番となりました、三条東・四川料理「龍門」へ。

 

■ 着物コーディネート

梅雨入り前の快晴の日、比較的湿気も少なく風が涼しい日。今年は5月から夏日が多くて着る機会を逃していたので、正絹単衣を。

単衣・紫紺色地に捻り梅柄の江戸小紋+つつじ色紫色ギザギザ柄タイシルク半幅帯で。

帯締は葡萄色三分真田紐、帯留は薄紫色ガラス製(東風杏)で、紫色系同色コーデ。

6月も蒸し暑くなりますが、涼しい日にはあと何度か正絹の単衣を着る機会が作れたらと思います。

そして、もう気持ちは祇園祭へ!みなさま、今年の浴衣や夏着物のご準備はお済みですか?

若かりし頃のちょっぴり派手な浴衣にはさよならして、大人でかっこいい浴衣の着こなしをしませんか?大人で上質な浴衣や夏着物を誂えたり、履物も安いゆるゆるの下駄ではなく自分サイズの履物を誂えたり、一歩進んだ大人の夏のお召し物にシフトしていきましょう。買い出しツアーにもお付き合いしますので、ご相談くださいませね。

2018.05.26. KICCA出版記念パーティー

■ 能口先生、ご出版おめでとうございます!

KICCAでお世話になっている、能口祥子先生の初著となる「きものカラーコーディネート 〜色彩ときものの基礎知識〜」の出版記念パーティに参加してきました。

会場は、新緑の木々が眩しい京都東山「The Sodoh Higashiyama Kyoto」。和装洋装100名様以上のお客様が集う素敵なパーティーとなりました。

裏方のお手伝いをしておりましたので、あまり写真は撮れなかったのですが、一コマを。

《きものの色》にこだわったみなさまの着こなしは、個性的で美しく、眼福のひと時でございました!!!

パーティーの華やかな様子は、KICCA 能口祥子先生のFacebookにてどうぞ! → ●△■

 

SODOHの中でスペースを移動して、二次会へ。日が暮れた緑も美しく。

 

そして21時半も回る頃、12名で三次会へ。土日に大人数で入れるお店を探すもなかなか見つからず、ちょっとタクって木屋町三条上ル「イカリヤ523」へ。深夜にもしっかり食事ができる素晴らしいお店。いつも22時以降に助かる〜。

みなさん結構お腹ペコペコで、盛りっとお料理をいただきましたがお料理写真は撮っておらず。デザートだけね。(笑)

二・三次会では、普段お会いすることがない東京教室や先輩受講生の方々と、ゆっくりお話しができ、とても楽しい時間でした。新しい発見、新しい出会いが生まれる機会をいただけましたことに感謝。

今回の裏方業務、お役に立てたのか不安がありますが、一緒に裏方に関わってくださった受講生のみなさまのお力で、無事に終えることができ安堵しております。誠にありがとうございました。

知れば知るほど、深く美しい色の世界。「きものカラーコーディネート」を学ぶ受講生の一人として、これからさらに精進していき、自分の色を極めていきたいと思います。

 

■ 勝野の着物コーディネート

時季的に紗無双の着物(10年寝かせている)にしようかと考えていたのだけど、モノトーンなので少し地味。《きものの色》のパーティーなので、CMYKで構成する勝野屋着物コーデにしてみました。2年前のきものサローネで出品していたコーデです。(帯留だけ行方不明のため帯締めのみで)

モデルサイズに仕立ててある着物なので、ちょっぴり大きいので肩が落ちすぎていますが、ご愛嬌ということで…。自分で綺麗に着る自信がないため、受講生の先輩である着付師さんに着付けていただきました。パーティー前のお忙しい中、誠にありがとうございました!

全身写真はちゃんと撮影する余裕なく、この一枚のみです。

「きものカラーコーディネート 〜色彩ときものの基礎知識〜」の書籍グラフィックデザインを手がけてくださった Mielka 今村礼子ちゃんと。勝野屋のロゴと名刺も礼子ちゃんにデザインしてもらっています。モノトーン綿麻着物にイエローの帯で、POPで可愛らしいコーデ。帯の上に密かに猫ちゃんが潜んでいます。

同期生のM様と。明るい透明感ある藤色がとても素敵。はんなりお美しすぎて、眩しいっ!

同期生のY様と。ベージュ系の色でまとめられた上品大人コーデ。いつも中之島深夜寄席に来てくださって、ありがとうございます!

 

【東京キモノショー 2018】ご案内

【 東京キモノショー 2018 】 5月2日(水)〜5月6日(日)開催!

《 キモノスタイル 200 》のスタイリング中で、きものカラーコーディネーター協会 = KICCA/勝野屋・勝野明美 として参加しています。KICCAからは13体のスタイリングが並びます。カラーにこだわりのある、個性ある着物コーディネートが一堂に並び、壮観だと思われます。

勝野屋コーディネートのタイトルは《青き海の彼方へ》《青》に《青》を重ねて、神秘の海の中へと想いを馳せる コーディネートを出品しています。

お気に入りのコーディネートがありましたら、ぜひご投票をお願いいたします!

【 東京キモノショー 2018 】は、たくさんのメーカー、工房、作家さんによる着物展示、素敵なゲストによる着物ファッションショー、トークショー、ワークショップなど、様々なプログラムで構成されている大イベントです。毎年GWに開催されており、大盛況で、いつか行ってみたいと思いつつ私自身は行けていないのですが、東京のお着物好きのみなさま、ぜひ行ってみてくださいね!

会期中には、KICCA 能口祥子先生のキモノショー、キモノカラーコーディネート講座もございます。お時間ございましたら、ぜひご参加くださいませ。勝野はいろいろがあるため東京には同行できませんが、ぜひお着物尽くしの楽しいイベントをご体験くださいませ。

【 東京キモノショー 2018 】

期間:2018年5月2日(水)〜5月6日(日)

時間:10:00〜18:00(最終日17:00)

場所:日本橋三井ホール

   東京都中央区日本橋2-2-1 COREDO室町5F(エントランス4F)

費用:当日 1200円(*高校生以下無料)

 

2018.04.29. 着物コーディネート

本町キモノフリーマーケットの日の着物コーディネート。

気温30度、夏日の予報。こんな日には浴衣しかないっしょ!今年の浴衣解禁日!

備長炭入り綿麻生地の黒赤竜巻絞り浴衣(藤井絞)にうそつき襦袢を着て、単衣として着用。これがこの暑さの中では大正解で、めちゃくゃ快適でした!

透け感のない備長炭入りの生地は、私の体感では盛夏では暑すぎて着られないので、5・6月と9月の単衣の時期にはちょうど単衣として着るのにぴったりなんです。

帯は赤色のタイシルク半幅帯。帯留めは白黒ガラス製(東風杏/ギャラクシーシリーズ)。帯締めは黒色に赤ラインの二分真田紐。帯飾りはキラキラ帯飾り(勝野屋)。

足元は真っ赤な真っ角草履(カレンブロッソ)。鼻緒は黒赤のシコロ製(カレンブロッソ)。足袋はレース足袋(ゑびす足袋)。立ち仕事にはカレンブロッソしかないよね!でも牛革は色落ちするので、いつか真っ角の真っ赤なエナメル草履を作ろうと思います。

 

フリマに他のブースでご参加されているK様のコーデご紹介。実は勝野が数年前のフリマで出していた帯をお嫁にもらってくださっての、超絶カックイイコーディネート!

黒の変わり紗生地に南蛮船をペイントしたお太鼓部分のみのハギレを、夏の喪帯にグリーンの帯芯を入れてリメイクした帯なんです。自分では持て余していた帯を、こんな風にかっこよく活かしてくださっているのは本当に嬉しい!

帯揚げ帯締めのお色、東風杏さんのグリーンのギャラクシー帯留めともぴったり。ロックでかっこいい着こなしのお手本です。ああ、こんなかちょいいお姉様に近づけるように、勝野も精進しま〜す!

2018.04.18. 着物コーディネート

吉田食堂「扇辰ごころ、ふたたび」の日の着物コーディネート。

藍染めの琉球絣着物+白地に暗紅色(あんこうしょくいろ)と半色(はしたいろ)ぼかしの木目文様板刷り染め名古屋帯(熊谷好博子作)。

帯締めは本紫色の冠組を藤結びに。帯揚げはごく淡い躑躅色に銀糸の入ったストライプ変わり織り。

躑躅や藤の花が満開になる季節柄、紫色を入れたい気分。琉球絣の縞部分に紫色も入っているので、帯や小物に紫系の色をいろいろ散りばめて。

2018.04.12. 着物コーディネート

【都をどりin春秋座 2018】の日の着物コーディネート。

春らしく、薄珊瑚色の変わり縞柄紬+赤橙色地に八重桜柄友禅染名古屋帯で。

帯締は桜色の冠組。帯揚げは桜色地にうさぎ柄刺繍入り。

インスタ用ブース前で記念撮影。

2018.04.01. 着物コーディネート

【平安神宮 お花見散歩】の日の着物コーディネート。

【着物でお花見と食い道楽】の日に使った黒色縮緬地に八重桜柄友禅染め名古屋帯を、黒+黒でコーディネートしてみました。着物は黒にほど近い色のランダム蚊絣泥染大島紬。

帯揚げは、銀糸入り変わり織り地の華やかな透明感のあるピンク色。大島紬はツヤ感があるので、キラメキのある帯揚げでも違和感なくまとまります。

帯締めは、躑躅色(つつじいろ)の冠組で、華やかに。

 

平安神宮の桜とともに。

初夏の陽気で暑かったけれど、黒+黒コーデの着物で平安神宮の桜をじっくり堪能できて、大満足!!!これにて、2018年のお花見完結です。

2018.03.30. お花見着物コーディネート

【着物でお花見と食い道楽】の日の着物コーディネート。

勝野は、藤紫色白菫色横段染め着物+黒色縮緬地に八重桜柄友禅染め名古屋帯。この着物はサイズが大きくて着にくいのだけど、色柄が大好きな着物で、毎年春によく登場します。題して「春霞」コーデ

帯揚げは、桜柄紋意匠地に薄桜色ぼかし染め。

帯締めは、躑躅色(つつじいろ)の冠組で、華やかに色気をプラス。

今年は桜が一気に満開になりすぎて、着る機会を逃しそうだった桜柄を、晴天の日に何とか装えて良かったです〜。桜柄アンティーク着物は、着る機会を逃す。。。また来年。


Yちゃんは、朱鷺色(ときいろ)地に桜柄の小紋+色の幾何学文様織り出し名古屋帯。春らしく、まさに今の季節に着たいお着物です。


自撮り棒で遊び撮影のいろいろ。(*怒られない、人の邪魔にならない所で撮影しています。)

平野神社にて。

金閣寺にて。

高瀬川一之船入にて。

ではまた五月の着物デートを楽しみにしています!

2018.03.02.【第六回 中之島深夜寄席】ご報告

Love the Life・勝野屋が企画をお手伝いしている【第六回 中之島深夜寄席】も無事に終了いたしました。年度末月間のお忙しい時期にお越しくださったお客様、誠にありがとうございました!

 

【演目】

第一部:ちょうば「河豚鍋」 /佐ん吉「一文笛」

第二部:佐ん吉「池田の猪買い」/ちょうば「死神」

 

ちょうばさん「河豚鍋」 は、フグの毒による死亡事故が後を絶たなかった時代に、恐る恐る河豚鍋に挑む滑稽話。佐ん吉さん「一文笛」は、腕のいいスリが出てくる人情噺。 佐ん吉「池田の猪買い」 は、冷え気(淋病のこと)に悩む男が、丼池の甚兵衛さんに相談に来て、病気に効く猪の肉を取りに狩りに行く滑稽話。ちょうばさん「死神」は、借金で自殺しようとした男が死神に出会い金儲けの方法(呪文)を教えてもらい医者になるが、お金儲けの味をしめお金に目がくらんだ挙句に欲が出て命を落とす話。

 

四川料理「龍門」

深夜24時頃帰京。前回から引き続き、三条東にある四川料理「龍門」へ。


チンジャオロース/スタンダードに美味しい!

ブロッコリーと海鮮炒め/シャキシャキのブロッコリーに、ふわっとやわらかい海鮮(エビ、イカ、ホタテなど)のいいお出汁のハーモニー。

小籠包/スタンダードな一品。



 

■ 着物コーディネート

終演後に記念撮影。この日は忙しすぎて、なんとか着物は着たものの、着物コーデの写真はなくて、この写真のみ。藍色の琉球絣着物に、レモンイエローのタイシルク半幅帯、水色の真田紐(二分)にコバルトブルーのトンボ玉。

 

次回の【第七回 中之島深夜寄席】は、6月1日(金)に決定しました!

中之島SPINNINGが6月末閉館となるため、中之島SPINNINGでは最後の深夜寄席になります。コンクリートむき出しの空間に中之島の夜景が見える空間での最後の落語会に、ぜひぜひみなさまお誘い合わせの上お運びくださいませ☆

2018.02.02. 竺仙新作展示会@京都 2018

毎年この時期のお楽しみ「竺仙新作展示会@京都」 へ!

東京の展示会では一般の方が見学できる日があるのですが、京都は呉服業界のバイヤーさんだけなので、いつも呉服屋さんに連れて行っていただいています。

今年はまた昨年とは違う傾向で、昨年の華やかなピンクやイエローの作品は影を潜め、竺仙らしい灰みの藍色や落ち着いた色が大多数でした。昨年は明るすぎる色合いに「竺仙さんがこれでいいのか…」っていう感じもしましたが、今年の落ち着きすぎる色合いにもまた「地味すぎる、若い人への需要増えるかな???」とも感じたり、ええ塩梅は難しいですね。

会場内は撮影禁止なので、新作の写真はありませんが、唯一ご許可をいただいて撮影できたものが「文久小紋」

江戸時代後期・文久時代の染め技法で、手彫りの伊勢型紙を二枚型・三枚型と使用する、細かい文様と大きな柄が混在するデザインの江戸小紋の技法だそうです。現在でもその技法を継承していくため、数は少ないけど作り続けておられるそうです。

シボの大きめの一越縮緬に染められた反物は、小さい文様と大きな柄、繊細さと大胆さを併せ持ち、近くで見るとなんとも味わいのある仕上がりです。

江戸小紋、唐桟縞、琉球紅型、人気の古典柄型染め浴衣など数百点を一堂に拝見できる、眼福の時間。

着物コーデの審美眼が勝野好みな呉服店の女将さんと、あれやこれやとたっぷり時間をかけて試着させていただく。いつか松緑色の江戸小紋が欲しいなぁ。(妄想)

興奮しまくった後は、ご一緒した他のお客様も交えて、喫茶店で一服して解散。S女将様、今年も貴重な機会をいただきありがとうございました!!!

 

■ 着物コーディネート

この日は着物で出動。

象牙色のふわっとやわらかい真綿無地紬+いろいろな色のカラフル市松柄織り出し紬地名古屋帯。

半襟は、いろは歌柄型染め。(ゑり正)

帯締めは、深緋(こきひ)色の冠組。(道明)

帯揚げは、猩々緋(しょうじょうひ)色のちりめん。

とてもやわらかく、ふわっと気持ち良い身体に馴染む生地に育ってきている紬なのですが、寸法が身体に合っていなくて、身幅だけが大きすぎて脇がシワシワになるんですよね。めっちゃ着にくい!(笑)来シーズンは早速洗い張りかな?